東日本大震災の支援活動・取り組みについて

2011年(平成23年)12月9日(金)
津波記憶石 除幕式 場所:釜石市根浜海岸(宝来館前)

設置された津波記憶石

東日本大震災での津波の恐ろしさを永く後世に語り継いでいってもらいたいとの願いを込めて、行政や地域住民の要望と協力を得ながら、「津波記憶石」を建立・設置。その除幕式が行われました。
野田武則・釜石市長の他、支援にご協力を頂いたミサワホーム株式会社平田常務取締役などにもご出席を頂きました。
またNHKや共同通信等多数のマスコミの取材もあり、翌日テレビや新聞等で除幕式の様子が報道、掲載されました。

【取材メディア】
●テレビ
NHK、岩手朝日テレビ(テレビ朝日系列)、テレビ岩手、岩手放送、北海道テレビ、「みのもんたの朝ズバッ」(TBS系番組)
●新聞
共同通信、朝日新聞、産経新聞、岩手日報、 河北新報、東奥日報、北海道新聞、釜石新聞

【除幕式の様子】
左から地元地区代表  前川昭七様
釜石市 野田武則市長
全優石 吉田会長
碑をデザインした浅葉克己氏
建立支援協力を頂いたミサワホーム
平田俊次常務取締役

碑についているQRコードを読み込むと
3・11当日の様子が見られます

碑文を読む地元の方々

野田武則市長より全優石吉田会長へ
感謝状が贈呈されました

贈呈された感謝状

全優石の東日本大震災の支援活動・取り組みについてトップに戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ