東日本大震災の支援活動・取り組みについて

2012年(平成24年)3月16日(金)
津波記憶石第2号 除幕式 場所:気仙沼市立小泉小学校

設置された津波記憶石

津波記憶石 第2号が、気仙沼市小泉地区からの要望で3月4日に気仙沼市立小泉小学校に建立・設置され、2012年3月16日 除幕式が行われました。

当日は気仙沼市副市長にもご出席頂き、また小泉小学校卒業式とも重なり、出席した児童代表者より石碑に刻まれた『未来へのメッセージ』が朗読されました。

地元メディアの取材もあり、除幕式の様子が報道、掲載されました。

第2号津波記憶石について・・・

高さ約4.3m、底辺約2.85m、重さ約14トン、将棋の駒のような5角形の自然石に、大きく「津波の教え」を彫刻。
また「未来に伝えてほしい」で始まる、地元小泉地区の人たちが書いたメッセージが刻まれています。石碑に添付されたQRコードを読み取ると3・11当時の小泉地区の様子が閲覧できます。

小泉地区振興会連絡協議会 芳賀会長より
全優石吉田会長へ感謝状が贈呈されました

贈呈された感謝状

卒業式を終えた小泉小学校の児童代表者による
津波記憶石に刻まれた未来へのメッセージが朗読されました

QRコードを読み取ると3・11当時の様子が見られます

全優石の東日本大震災の支援活動・取り組みについてトップに戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ