第6回デザインコンテスト受賞作品

【ご注意】
こちらに掲載されているお墓は、ご応募された方が想いを込めて作っておられます。安易に模倣等されないようご配慮をお願い致します。

大賞

ニューデザイン大賞

お墓建立の際のエピソード

父の代からオリンピアスキー場近くで民宿「藤井荘」営んでいます。早くに父を亡くし、父亡き後もたくさんのお客様や、周りの人々にお世話になり、現在も続いております。今があるのもこうした人達のおかげと感謝の意を忘れないよう、お墓に先祖供養と一緒にこの気持ちを残したく、「人」文字をアレンジして設計いたしました。

特別賞

ニューデザイン特別賞

お墓建立の際のエピソード

父は24年間、コーヒーの挽き売りで生計を立てていたので、コーヒー豆の形の墓石を思い立ちました。参道部分には、父に会いに来た時、のんびりコーヒーを飲みながら話ができるようにと、石のテーブルとイスを設けました。時折霊園におもむいては、父との会話を楽しんでいます。長居ができる形が何よりも落ち着けて、とても気に入っています。

特別賞

ニューデザイン特別賞

お墓建立の際のエピソード

息子は大学時代に建築を学び、東京の設計会社に勤めていました。しかし、30歳の時、事故のため亡くなりました。墓をつくる段になり、遺品のスケッチ図を墓石として実現してあげようと思いたち、建立しました。

入賞

ニューデザイン賞

お墓建立の際のエピソード

既成のタイプによるお墓選びに疑問を感じた建立者の依頼で、「お墓ってなんだろう」からはじまりじっくりと話し合いながらデザインを完成。全国の丁場を行脚、産地の石の特徴を熟知した職人の手仕事の力を知り、その協力を得てできあがった。お墓をつくるプロセスそのものの中にこそ、まさに建墓があるのを知った。

過去のコンテスト

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ