全優石ブログ

  • 2013/11/01  カルチャー情報

  • 運と実力勝負の麻雀

  • 実力勝負の麻雀

     

    “人生のおもしろさは不如意(思いどおりにならないこと)のうちにある”という格言がありますが、思いどおりにいかないものに挑戦するとき、人は生き甲斐を感じます。運の要素がある麻雀は、まさに不如意のおもしろさを持っています。

     

     

    運次第で大逆転も

    麻雀の魅力は、なんといっても運と実力の絶妙なバランスです。通常どんなゲームでも、初心者と上級者が戦えば、ほぼ確実に上級者が勝ちます。囲碁しかり将棋しかり、野球やサッカーといったスポーツでも同じです。熟練した上級者が本気で勝とうとすれば、初心者ではまず太刀打ちできません。

    ですが麻雀は運の要素があり、ツキに乗りさえすれば初心者が高い実力を持った強者に勝つこともあります。初心者と上級者がお互い本気で対局しても勝負になる、どちらも楽しめるという稀有なゲームといえるでしょう。

     

    そして、もう一つの魅力が、高いゲーム性。囲碁にしろ、将棋にしろ試合が中盤を過ぎれば、よほど実力が伯仲していないかぎり、ほぼ大勢が決してしまいます。野球やサッカーも同じで、たとえば終盤に差し掛かって10対0だったら、0点側のほうに勝ち目はほとんどありません。しかし麻雀にはセーフティリードがなく、どこからでも逆転が狙えます。勝っている方は直撃を食らわないように注意し、負けている方は逆転できる手を作る……。ゲーム終了が宣言される最後の瞬間まで、緊張感のある対局を楽しめるのは、麻雀ならでは。

     

     

    点数計算を覚えるメリット

    麻雀は終了時に持っている点数を競い合うゲームです。この点数計算は、かなり難しいもの。麻雀のルールを知っていて対局することはできますが、点数計算はできないという人も決して珍しくありません。そのため敷居が高い印象を持ってしまう人もいますが、逆に脳のトレーニングになるという一面もあります。それぞれの役の点数を覚えたり、計算方法を考えたりすれば、記憶力や認知能力をアップさせることが可能です。実際に計算を行なうと、脳の司令塔である前頭前野が鍛えられ脳全体も活性化されます。

     

    また、わずらわしい計算が苦手という人は、簡単に点数計算ができる早見表を利用するのも手です。とはいえ点数計算ができるようになれば、麻雀の楽しさは倍増し、戦略にも幅が出てきます。点数の計算方法を分かりやすく解説した本やサイトなどもあるので、それらを参考にすることもできます。

     

    学生時代や若い頃に熱中した方もおられると思います。徹夜するほどハマっていた方も、今度は脳のトレーニングも兼ねて、当時の仲間と集まって麻雀同窓会、なんていうのも楽しいですね。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ