全優石ブログ

  • 2014/04/30  お墓博士の一言

  • どんなお墓がよいお墓か

  • 全優石本部に常設されており、3万人以上の方にご利用いただいているフリーダイヤルお墓何でも相談に「どんなお墓がよいお墓なんですか」「石の選び方や形について教えて下さい」といったご質問がよく寄せられます。その答えは難しいようで実は簡単、今から7万年前、死者に花を手向けていたネアンデルタール人の死者を悼む哀悼の心、追憶の心、これがお墓作りの原点だとお考え頂ければよいと思います。従ってよいお墓とは「墓石の形や色や石種ではなく、死者を供養する心を込めて作られたお墓」の一言に尽きます。お墓の形に決まりはありません。伝統型がいいなと思われる方は、五輪塔や三段型のお墓をお建てになればいいし、オリジナルな形がいいなと思われる方は、そうなさればよいと思います。


    全優石では、人それぞれの想いのお墓作りをお奨めしています。お墓をお建てになるお客様の事情は様々なはずです。ご両親をなくされて建てる方、お子さんを亡くされて建てる方、或いはこの世に生きた証として建てる方、家族の絆を大切にあの世でもとお考えの方もいらっしゃるでしょう。全優石では伝統型であれオリジナル型であれ、お施主様お一人おひとりの想いを形に込め、お建てになる方にとって真に価値のある「想いのお墓作り」をお奨めしています。

    石種についても墓地をご覧になって、気に入られた石でお建てになればよいと思います。石の色による吉凶など全くありません。但し、石材店選びは慎重になさってください。最近産地偽装で販売するよからぬ業者による被害が出ています。例えば墓石材として最も高い香川県産の「庵治石」の特級品で作ると500万円もする墓石を中国産の類似品で作ると150万円で作れます。そこに悪質業者が目をつけるのです。どうすればこの被害を回避できるか。いくら石種の勉強をされても、皆さんには石種の違いを見分けることは極めて難しいと思います。全ては石材店選びで決まります。石材店選びの一つのポイントは、地元に定着している石材店か否かです。地元に定着している石材店は、信用を失えば地元で仕事が出来なくなりますのでお客様をだましたり、いい加減な仕事は出来ないからです。にわかづくりの石材店やブローカーなどは、問題が起こればどこかへ行ってしまいます。全優石では、会員店が施工した墓石については、組織全体でも保証する業界では唯一の「ダブル保証書」を発行しておりますので、より一層安心していただけると思います。


    この世に残された人の心の拠り所として心が安らぐお墓、亡くなられた方が偲ばれるお墓、亡き人に語りかけ思いを語れるお墓、家族の歴史を語り継ぎ、ご先祖様を敬う心を育むにふさわしい佇まいを持ったお墓作りをされますよう願っております。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ