全優石ブログ

  • 2014/11/30  カルチャー情報

  • 話題の「ネオ和菓子」とは?

  • 話題の「ネオ和菓子」とは?

     

    ここ数年の間に「ネオ和菓子」というスイーツのジャンルが登場しています。これは、まさに今までの和菓子の常識を打ち破るかのようなメニューです。
    早速、このネオ和菓子にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

     

    ネオ和菓子とは?


    ネオ和菓子とは、その名の通り新しい和菓子のことですが、まだまだ「なにそれ?」と知らない方も多いようです。けれど、なんとなくおいしそうな響きや、斬新な発想の和菓子であることは想像できます。一昔前に「いちご大福」がはやりましたが、ネオ和菓子もそれに通じるところがあるのかもしれません。
    しかし、ネオ和菓子は、「いちご大福」を超えるものです。例えば、チョコ味のどら焼きや、チーズモンブラン大福、いちごやピーナッツバター味のようかんなど、見た目も味も斬新なものなのです。

     

    ネオ和菓子にはどんなものがある?


    上であげたもののほかにネオ和菓子にはどのようなものがあるのでしょうか? もっともバリエーションが多いのが、たい焼き。黒ゴマや紫芋、たい焼きソフトなど、それぞれ趣向がこらされたアイデアになっています。
    どら焼きにも同様にネオ和菓子が多く登場しています。通常、しっとりとした皮が定番のどら焼きも、老舗和菓子店の手にかかれば、フワフワの皮で、モチモチとした食感の軽やかなものができあがります。また、ローストしたくるみ入りや抹茶味のどら焼きのほか、なんと激辛カレーを挟んだどら焼きも登場しています。甘い皮とのハーモニーが意外と合うこのアイデアには驚きですね。

     

    「NEO落雁」と呼ばれるまさにネオ和菓子の典型のよう新感覚スイーツもあります。
    キャラメルカシューやアップルシナモン、ストロベリーホワイトショコラ、フランボワーズ、甘夏などの落雁は、それぞれが独自の味わい。
    例えばフランボワーズは、落雁でありながら、甘酸っぱいラズベリー味。女性に人気だそうで、まるでクッキーのような食感に、一口食べれば誰もが驚きを隠せないそうです。
    それでも、長年かけて築かれてきた老舗の熟練の技で、その味わいや質はまさに上質。

     

    老舗和菓子店が展開する新しい商品だからこそ、信頼できて、おいしい。それが、ネオ和菓子の魅力ではないでしょうか。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ