全優石ブログ

  • 2015/02/22  カルチャー情報

  • 大人の楽器演奏をはじめよう

  • 大人の楽器演奏をはじめよう

     

    青春時代、ピアノやギター演奏に憧れていたけど、社会人になって時間が取れなくなってしまい、その夢を諦めてしまったという方もいるかもしれません。でも、余暇ができたときは思い切ってチャレンジしてみてはいかがですか? 楽器演奏によって得られるメリットを3つご紹介します。

     

    脳の力を高める

     

    人間の身体は音楽を聴くとき、脳の広い範囲を使っているといいます。音楽を聴くことは集中力や記憶力を高める効果があるほか、認知症の予防にもつながるとして、脳科学の研究が進められている最中です。

    楽器演奏をするとき、楽譜を読む、弾いた音を確認するなど、考える作業が多くなります。さらに、指先を動かしたり腹式呼吸をしたりと全身を刺激する行動を必要とするため、自然と脳が活性化するのです。その結果、楽器演奏をすることで思考力が高まり、老化を遅らせることが期待できます。楽器演奏によって得られるメリットはこのように少なくありません。たくさん練習しなくても、趣味として続けているだけで脳によい効果が得られるのです。

     

    手先が器用になる

     

    ピアノやギターのように指先を動かす楽器は、自然と細かな動きをすることになります。そのため、楽器演奏を始めたことで、手先が器用になったと実感する人もいるようです。

    実は、手先の器用さは脳の機能と関係しているといいます。脳の創造性を司る前頭葉は、手の動きと連動しており、神経を発達させると考えられています。楽器を演奏することで脳が刺激されるため、器用になったと感じられるのかもしれません。

     

    友人との交流が増える

     

    楽器上達を目的にレッスン教室へ通う人も少なくありません。幅広い年代の人が訪れていることから、自然と多くの人に出会い、共通の趣味を持った仲間に出会うチャンスが増えます。

    グループでの演奏を前提とした楽器を練習すると、上達するにつれて誰かと一緒に演奏したいという気持ちが湧きあがるはず。自然と仲間が集まってコミュニティが形成され、生活が活き活きと充実してくる人もいるようです。

カテゴリー

新着情報

バックナンバー

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ