全優石ブログ

  • 2015/05/24  カルチャー情報

  • 大人でも大学に入学できる

  • 大人でも大学に入学できる

     

    社会人として生活するうち、「学生時代にもっと勉強すべきだった」と後悔する方もいると思います。しかし、勉強は一生できるものです。後悔する必要はありません。今回は、余暇の時間を使って大学へ入学する方法についてご紹介します。


    定年後の余暇を勉学に費やす人もいる


    「生涯学習」という言葉があるように、勉強を始めるにあたって年齢は関係ありません。大学に社会人枠があれば年齢を問わず入学できます。「学びたい」という意欲のある人には、広く門戸を開放しています。

    40代以上の社会人を対象に、シニア入試制度を設けている大学もあります。定年退職後のチャレンジとして、60代以上でも若者に混じって勉学に励む例も珍しくありません。なかには、80歳で大学生という方もいるようです。大学が年齢制限を設けない学びの場であることがわかると思います。


    新たな体験のために語学を習得

     

    シニア入試は、社会人になってから勉強の面白さに気付き、余暇を使って勉強をしたいという方を対象にしています。さまざまな学部がありますが、入学したシニア学生たちは自らが興味を持った学問を思い思いに掘り下げています。ここでは、大学に通学し、英会話をはじめとした語学を学習する方の例をご紹介します。

    入学してくる学生は、ビジネスなどで外国語を話していた方ばかりではありません。そのため、初心者レベルの語学からスタートし、余暇を利用しながら、目標達成に向けて自分のペースで勉強します。

    語学を学ぶ理由は、「外国語で外国人と話したい」「洋書を原語のまま読みたい」など、異文化との積極的な交流を体験したいからという声が多いようです。大学卒業が目的ではないので、テストの結果にとらわれず、好きなように勉強できるのです。

     

    定年退職した方の中には、勉強の大切さや、知ることの楽しさに気付いている人が少なくないはずです。このような人を対象にした大学を探して、自分が学びたい分野のシニア入試にチャレンジしてみましょう。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ