全優石ブログ

  • 2015/07/15  快適くらしのレシピ

  • リターンライダーが増えている?

  • リターンライダーが増えている?

     

    一度は結婚や子育てなど何らかの理由を機にバイクを降りたものの、再びバイクに乗り始めた人たちのことをリターンライダーと呼びます。生活が落ち着き始めた50代を中心に、近年このリターンライダーが増加しており、また定年後の一つの夢として、免許を取得して大型バイクに乗りたいという方も増えているようです。今回はそういった方たちへ、安全で楽しいバイクライフの送り方を紹介します。

     

    2気筒のバイクがおすすめ

     

    バイクの選び方ですが、単気筒のバイクはエンジンが一番単純な構造になっているので価格的にもお手頃ですが、400km程度乗り続けるとかなり疲れてしまうという意見もあります。
    そこで、リターンライダーには長距離を乗り続けてもあまり疲れない2気筒がおすすめです。いろいろなメーカーから2気筒エンジンバイクが出ていますので、バイク専門店で使用目的や乗車頻度等を詳しく伝え、どんなバイクが自分に合っているか相談しましょう。そして店頭にあるバイクに跨ってみて自分にしっくり合うものを探しましょう。

    なお、整備初心者の方には、新車をお勧めします。中古バイクは消耗品交換等の作業工賃が家計の負担になってしまうこともあるようです。

     

    バイクの魅力

     

    夏は暑く、冬は寒い。駐車場も不足しており、乗用車と比べると事故の確率も高いです。しかし、風を切って颯爽と走る気持ちよさ、加速したときの緊張感など、バイクの魅力は筆舌に尽くし難いものがあります。さらに、同じ趣味を持つ仲間も増え、温泉地などにツーリングに行くなど若い頃とはまた違う楽しみ方が出来ます。

     

    青春時代を思い出し再びバイクに乗る、またはリタイアし時間の余裕ができ初めて免許を取得し夢だったバイクに乗る等、いろいろな方がいらっしゃるかと思いますが、高齢者のバイク事故も増加しています。若い頃の感覚やテクニックは通用しません。バイクに慣れるため、教習所やメーカーの講習会に通うのもいいでしょう。体力を考えて無理をせずに、交通安全を守ってバイクライフを楽しんでいただきたいと思います。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ