全優石ブログ

  • 2017/11/28  快適くらしのレシピ

  • インフルエンザにご注意!

  • インフルエンザにご注意!

     

    町にはクリスマスのイルミネーションが輝き、めっきりと寒さが増してきました。

    この季節になると、インフルエンザの予防接種案内が医療機関で目立つようになります。発熱や倦怠感など風邪とよく似た症状を伴うインフルエンザですが、病原体から感染する風邪と違い、インフルエンザは「ウィルス」によって引き起こされる感染症です。

     

    <インフルエンザの特長は、急に高い熱がでること>

    インフルエンザウィルスに感染すると、約1~3日の潜伏期間をおいて発症します。

    インフルエンザの症状が風邪と大きく異なるのは、突然38℃以上の高熱が出ることです。人間の体は、通常、朝よりも夕方の方が体温は高くなるのですが、インフルエンザに感染していると、目覚めたときにすでに38℃の熱があるということもあります。

    インフルエンザに罹った体内では、1つのウィルスが24時間後には約100万個に増殖すると言われており、身体は高熱を発することでウィルスと戦っているのです。

    そのために全身の倦怠感や食欲不振、悪寒、関節痛などさまざまな症状が現れます。

    そしてインフルエンザでとくに注意をしたいのが合併症です。

    抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は、重症化すると肺炎や脳炎などの合併症を発症し、命に関わることもあります。少しでも怪しいと思ったら必ず医療機関を受診してください。

     

    <日頃の予防も大切です>

    インフルエンザを予防すると言って、まず頭に浮かぶのはワクチンの予防接種。乳幼児や高齢者は接種費用が減額になる自治会もありますから、広報誌や案内をよく確認してください。予防接種をしているからといって100%感染しない、ということではなく、感染しても発病する可能性を低減し、重症化を防ぐことに有効とされています。またワクチン接種後、抗体ができるまで通常約2週間以上かかると言われていますので、自身での予防策も非常に大切です。

    外出後のうがいや手洗いは徹底して行いましょう。マスクをして出かけるのもウィルスの侵入を軽減できますし、インフルエンザが流行している時期に繁華街やイベントなど人混みに出かけることを避けるのも効果的です。

    また室内では加湿器を使って湿度を適正に管理してください。気道粘膜の防御機能が低下することを防げます。湿度を50~60%程度に保つとよいでしょう。

    そして充分な睡眠とバランスの良い食事を心がけてください。実はこうして基本的な抵抗力を維持しておくことこそ、重要な予防策となるのです。

    これから忘年会シーズンにも突入し外食や飲酒のお誘いも増える時期ですが、無理をせずに「ちょっと疲れているかな」と思ったら休養をとる勇気も必要ですよ。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ