全優石ブログ

  • 2018/05/01  カルチャー情報

  • こどもの日は、「親に感謝する日」でもあります

  • こどもの日は、「親に感謝する日」でもあります

     

    まもなく5月5日の「こどもの日」がやってきます。凛々しい五月人形の表情や五月晴れの空に泳ぐ鯉のぼりは、爽やかな初夏の訪れを告げるとともに、生き生きとした命の躍動を感じさせてくれます。

     

    <お母さんに感謝する日>

    「こどもの日」は日本の国民の祝日として、戦後間もない昭和23年、端午の節句である5月5日に制定されました。端午の節句とは、旧暦の牛の月にあたる5月に、その端(最初・始めの意味)の牛の日を節句として祝ったものです。菖蒲を飾ることから、「尚武」と読みが同じということもあり、古来、男子の成長を祝い健康を祈る節句とされてきました。

    そして「こどもの日」の制定にともない、この日を男の子も女の子もなく全ての子供たちのための祝日として定めました。国民の祝日に関する法律では、「こどもの日」を以下のようにうたっています。

     

    「こどもの日は、こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

     

    そう、こどもの日は、母に感謝する日でもあるのです。「こどもの日」が制定された昭和23年当時は、まだまだ出産は命がけの大事業でした。ですから子供の成長を祝う=自分の命を賭して産んでくれたお母さんにも感謝する、ということで制定されたのでしょう。もちろん今日では、お母さんお父さん共に「両親に感謝する日」ととらえてよいのではないでしょうか。

     

    <ゴールデンウィークにはぜひお墓参りへ>

    両親に感謝する日でもある「こどもの日」。この日に、ご先祖から綿々とつながる命について子供たちと話しあい、慈しみ育んでもらったことへの「ありがとう」という気持ちを共有してはいかがでしょうか。

    そしてぜひこの機会に、子供たちと一緒にお墓参りへおでかけください。お墓の前に立つことで、たとえ顔を知らなくても、「ご先祖」への感謝の気持ちが生まれることでしょう。

    子供たちにとってお墓参りがより身近なものとなり、毎年の「こどもの日」がやってくるゴールデンウィークには「お墓参りをすること」が習慣になるとよいですね。

     

    そして5月第2日曜日は「母の日」。生きているお母様だけでなく、亡くなったお母様に感謝をする日として「母の日参り」が広がりを見せています。緑が溢れ、花々が咲くよい季節に、ぜひご家族でお墓参りにおでかけください。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ