全優石ブログ

- お墓博士(全優石会長 吉田剛)の一言 -

  • 2014/01/22  【お墓博士の一言】

  • 便利さの反面は自然破壊

  • 昨年来日した外国人が一千万人を超えたそうです。これは過去最多で韓国、台湾、中国、タイ、マレーシアといった東南アジアを筆頭に数多くの国々から多くの観光客が来日されました。後進国から訪れた方が日本のト…

  • 2013/12/18  【お墓博士の一言】

  • 日本のお墓作りはこれでよいのか

  • 本年も残すところわずかとなり、なんとなく慌ただしさを感じる今日この頃ですね。12月は「師走」と言いますが、その語源は諸説あって未詳のようですが、一般的には年末を控えて「師が忙しく走る」「師馳す」か…

  • 2013/11/29  【お墓博士の一言】

  • 人から聞いたとても良いお話し

  • 実際にあったいい話だよ…と友人が話してくれました。それは離陸前の機内で起こった出来事でした。 50歳ぐらいの白人女性が客室乗務員を呼び、周囲にもわかるほど大声で席を替えて頂戴と声高に騒いだそうです。 &…

  • 2013/11/15  【お墓博士の一言】

  • 墓石にも産地偽装販売があるか…

  • 関西の阪急阪神ホテルから始まった「誤表示」「虚偽表示」事件は、その後北海道から四国まで安心、信頼が売り物の一流ホテルで次々と発覚、そして今度は高島屋、三越と言った老舗デパートでも発覚。都度「誤表示…

  • 2013/11/01  【お墓博士の一言】

  • 人は何故お墓を建てるのか

  • 人が亡くなったらお墓を建てなければならないという法律は世界中どこの国にもありません。 にもかかわらず人類は太古の時代からお墓を作り続けてきました。日本でもよほどの事情がある方以外はお墓を建てます。何…

  • 2013/10/16  【お墓博士の一言】

  • お墓参りは人づくり

  • 安倍首相は、「日本を取り戻す」というスローガンを掲げ、20年に及ぶ不況からの脱却を最大のテーマに、アベノミクス政策を遂行、その成果が期待されています。   景気が回復し、収入が増え、生活が豊か…

  • 2013/10/02  【お墓博士の一言】

  • “お・も・て・な・し”は日本人の心

  • フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが、オリンピック東京誘致への最後のプレゼンテーションで話したこの“おもてなし”がすっかり有名になりましたね。人を思いやる心、感謝する心と同じように「おもてなし」…

  • 2013/09/18  【お墓博士の一言】

  • 秋分の日が“お墓参りの日”に制定されました

  • 供養産業に携わる墓石業界団体の一つである日本石材産業協会が一般社団法人日本記念日協会に申請していたもので、去る8月15日に秋分の日を《お墓参りの日》とすることが正式に認定されました。   秋分…

  • 2013/08/19  【お墓博士の一言】

  • 親の墓を子が建てるのは人としての義務

  • 「子供たちに迷惑を掛けたくないので…」と生前にお墓を建てる方が近年増えているようです。 皆さんはどう思われますか。子を思う親心として評価されますか。   定年を迎え、生活も安定している方が、あの…

  • 2013/08/03  【お墓博士の一言】

  • 東儀秀樹さんは素晴らしい方ですね!

  • 先日東儀秀樹さんと対談する機会を得ました。東儀さんは、一般的に馴染みの薄かった雅楽を1000年の時を経てシンセサイザーやピアノなどの現代音楽と融合させることによって、一般に広く知らしめた方で、NH…

  • 2013/07/20  【お墓博士の一言】

  • 都市部は墓地不足って本当?

  • 最近大きな見出しで「墓地不足」という記事がマスコミに掲載されているのを見て、少々びくりしました。確かに首都圏でいえば交通の便がよく、自宅から30分以内で、且つ安価でという条件では難しいかもしれませ…

  • 2013/07/05  【お墓博士の一言】

  • お墓参りに勝る情操教育はない

  • こんな話を聞きました。刑務所の受刑者に心のケアをされているお坊さんが、受刑者に「お墓参り」についてアンケートを採ったところ、受刑者の98%がお墓参りをしたことがないと回答したそうです。 お墓参りをす…

  • 2013/06/24  【お墓博士の一言】

  • お墓の簡素化は是か非か

  • わずか30年ほど前は、お墓と言えば墓地を買って墓石を建てることでした。 しかし今日では、ロッカー、納骨堂、樹木葬、樹林墓地等々驚くほど多様化しました。 簡素化を全面否認するつもりはありませんが、お墓と…

  • 2013/06/09  【お墓博士の一言】

  • フランスから届いた一通の手紙

  • 15歳で単身アメリカへ留学、その後カナダへの支援留学を経て現在フランスに在住されている一人の日本人女性から一通の手紙が全優石の本部に届きました。   その女性は19歳から10年ほどパリで暮らし…

  • 2013/05/31  【お墓博士の一言】

  • いじめとお墓詣り

  • 小・中学校でのいじめ問題が毎日のように報道されています。その件数は、判断基準や報告の仕方で大きく変わるようで、年間4万件という報告もあるし半年間で14万件という調査結果も報告されています。   …

  • 2013/05/20  【お墓博士の一言】

  • 村八分といじめ

  • 彼は悪いことをしたので“村八分”にされたなどという使われ方をしますが、“村八分”という言葉の意味をご存知ですか。 村八分とは、仲間はずれにすることで、江戸時代から行われた慣習です。 村の秩序を破ったり、…

  • 2013/04/24  【お墓博士の一言】

  • 人それぞれの形で作るお墓は邪道か?

  • 一部のお寺様や墓相の先生、なかには石材店から、お墓を勝手な形で作るのは邪道だ。死者の安寧を祈り、家族の幸せ、家の繁栄を願うなら“五輪塔”を建てなければいけない。予算等で問題があるなら、せめて三段型の…

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ