身寄りのない人に代わって管理・供養を代行してくれる「永代供養墓」

身寄りのない人に代わって管理・供養を代行してくれる「永代供養墓」

永代供養墓とは?

永代供養墓(「えいたいくようばか」または「えいたいくようぼ」と読みます)とは身寄りのない人、あるいは諸々の事情でお墓を守ることができない人向けに運営母体が責任をもって永代にわたって供養と管理をするお墓のことです。「継承者不要」という点が特徴で、身内がいない、またはお墓の継承者がいない方などが入ることのできる共同のお墓です。購入時に一括納金することで、一部を除いてその後の管理料等がかからないとされているようです。
また、ほとんどは合祀といわれる他の人の遺骨と一緒にされますので、後で取り出すことは不可能です。
そもそも「永代供養墓」という言葉の意味は、「誰かが永代にわたって供養するお墓」です。それでは、継承者のいない共同墓である永代供養墓は、「誰が」永代にわたって管理するのでしょうか?

法律上の制限や規定はない

継承者のいない永代供養墓の管理者は、一般的に考えれば、その運営母体になるでしょう。しかし、次のようなケースも十分に考えられます。

  1. 継承者不在や運営面の問題によって運営母体そのものがなくなった場合。管理人が不在になり、お墓は撤去または巨大な無縁仏が残される可能性がある。
  2. 無期限に管理するということは、法律上では「期限の定めのない契約」と同意であり、つまり「永代」が必ずしも保証されるものではない。

永代供養墓に関しては、現在、法律上の制限や規定はないと言われています。そのため、名称もさまざまで、永代供養塔、永代納骨堂、永代供養廟、永代納骨廟、永遠墓、生前個人墓、倶会一処墓などと呼ばれています。つまり、運営母体によって形式や規定が大きく異なるので、どのように供養してもらえるのか、期限などに規定はあるのかなどを事前にしっかり確認するとよいでしょう。

納骨の方法と費用

永代供養墓における納骨の方法は大きく分けて、3つあります。

  1. 遺骨を骨壷から出して、他の方の遺骨と一緒にまとめて土に還す(合祀と呼ばれるもの)
  2. 一定期間(3回忌~50回忌など寺院によって異なる)は納骨壇または骨壷のままお骨を安置し、その後合祀する
  3. 分骨し、合祀するものと一定期間または永代にわたり供養するものに分ける

永代供養墓の料金は、運営母体によって違います。しかし永代供養料(永代にわたり供養してもらうための費用)、刻字料(墓誌に納骨者名を彫る費用)、納骨法要のお布施の3つがかかることが多く、総額で30~50万円が相場だと言われています。こちらも一例なので、あくまで目安として考えてください。後々トラブルにならないよう、契約する前に確認をするようにしましょう。

お電話でお気軽にお問い合わせください 0120-141-996 [受付時間] 10:00〜16:00 [定休日] 土・日・祝日 石材店を地域から探す 霊園を地域から探す

あわせて読みたい─関連記事─

お墓を知る

いいお墓のこと、分かります!小冊子プレゼント

全優石お墓無料点検サービス

よくあるご質問

お墓のお引っ越し

ペットの埋葬ができる霊園はこちら

連載記事

お墓博士の一言

全優石の悠々ライフ事典

トピックス

スポンサードリンク

購入者さまの特典サービス 全優石ふろむな倶楽部

お墓のローン JACCS 株式会社ジャックス

JTB 感動のそばにいつも

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ