お墓に関する決まりごと

埋葬に関する決まりごと

お墓は、私たちの生活に深いつながりがあるだけでなく、公共性もあるので、国ではいくつかのきまりを作っています。(昭和二十三年法律第四十八号「墓地、埋葬等に関する法律」)今回はこの中から私たちがお墓を作る際に、知っておきたい事柄を抜き出してご説明します。

法律では「埋葬」を、「この法律で「埋葬」とは、死体(妊娠四箇月以上の死胎を含む。以下同じ。)を土中に葬ることをいう。(第2条)」と定義しています。埋葬または火葬をするタイミングについては、「埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く外、死亡又は死産後二十四時間を経過した後でなければ、これを行つてはならない。但し、妊娠七箇月に満たない死産のときは、この限りでない。(第3条)」と定められています。

埋葬する場所については「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。(第4条)」とされています。自分の家の庭に勝手にお墓をつくったり、遺骨をお墓以外の場所に埋めたりすることはできないわけです。

遺骨や遺体を埋葬する場合には、「埋葬、火葬又は改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)の許可を受けなければならない。(第5条)」と定められており、埋葬や火葬だけでなく、改葬(お墓のお引越し)の際にも許可が必要です。
許可を受けるためには、つぎの事項を記入した申請書を市町村役場に提出する必要があります。

(1)死亡者の本籍、住所、氏名(死産の場合は、父母の本籍、住所、氏名)
(2)死亡者の性別(死産の場合は、死児の性別)
(3)死亡者の出生年月日(死産の場合は妊娠月数)
(4)死因(法定伝染病、その他の別)
(5)死亡年月日(死産の場合は、分べん年月日)
(6)死亡場所(死産の場合は分べん場所)
(7)埋葬または火葬場所
(8)申請者の住所、氏名及び死亡者との続柄

墓地に関するきまりごと

墓地、埋葬等に関する法律ではお墓をつぎのように定義しています。「この法律で「墓地」とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事(市又は特別区にあつては、市長又は区長。以下同じ。)の許可を受けた区域をいう。(第2条の5)注1」従って、勝手に墓地を作ったり、経営したりすることはできません。お墓に遺体や遺骨を埋葬、収蔵する際も、「墓地の管理者は、第八条の規定による埋葬許可証、改葬許可証又は火葬許可証を受理した後でなければ、埋葬又は焼骨の埋蔵をさせてはならない。(第14条)」「納骨堂の管理者は、第八条の規定による火葬許可証又は改葬許可証を受理した後でなければ、焼骨を収蔵してはならない。(第14条-2)」「火葬場の管理者は、第八条の規定による火葬許可証又は改葬許可証を受理した後でなければ、火葬を行つてはならない。(第14条-3)」と定められています。

お墓は個人的なものであると同時に社会的なものでもあるため、公的な手続きが必要となります。

お墓の継承に関するきまりごと

お墓の承継は一般の財産の相続とはすこし区別されています。民法では、「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。(第897条)」「前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。(第897条-2)」としています。

これまでお墓はその家の長男が跡を継ぐケースが多かったわけですが、個別の事情でお墓を承継する人がきまっている場合には、その人を承継者とすることが法律でも認められています。

お電話でお気軽にお問い合わせください 0120-141-996 [受付時間] 10:00〜16:00 [定休日] 土・日・祝日 石材店を地域から探す 霊園を地域から探す

あわせて読みたい─関連記事─

お墓を知る

全優石お墓無料点検サービス

よくあるご質問

お墓のお引っ越し

ペットの埋葬ができる霊園はこちら

連載記事

お墓博士の一言

全優石の悠々ライフ事典

トピックス

スポンサードリンク

購入者さまの特典サービス 全優石ふろむな倶楽部

お墓のローン JACCS 株式会社ジャックス

JTB 感動のそばにいつも

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ