「檀家になる」って具体的にはどんなこと?

「檀家になる」って具体的にはどんなこと?

檀家とは?

檀家とは、「寺院に所属する家」のことを指します。自分の家が檀家になっているのかどうかわからない、という方も多いかもしれません。簡単に見分ける方法の1つは、お墓が寺院にあるか、霊園にあるかという点です。寺院にお墓がある場合は、檀家になっている可能性が高いと言えるでしょう。

一般的に、檀家になるためには入檀料(詳細は後述)を支払う必要があります。檀家になった後も寺院の運営を支えるため、お布施などで経済的支援を行います。その代わり、供養を手厚く行ってもらえる、お墓を管理してもらえるという利点があります。

檀家になる前に、後々トラブルにならないよう、寺院や墓地の見学をする、不明点は質問をするなどしっかり確認をするようにしましょう。詳しくは次の項目で記載しますが、檀家はなるにも、やめるにも費用がかかるので注意が必要です。

入檀・離檀

入檀、離檀という言葉があります。これは次のような意味を持ちます。
入檀:檀家になること
離檀:檀家をやめること
それぞれに方法や必要な費用があるので、簡単にまとめておきます。

<入檀>
入檀料を支払い、檀家契約書や墓地契約書などの必要書類に記入します。入檀料は、10万~30万円が相場と言われています。また、別途、位牌を安置する位牌堂の費用も必要です。
こちらの相場は10万円程度と言われています。

<離檀>
離檀をするということは、お墓を別の場所に移すことを意味します。そのためには、自治体から「改葬許可証」を発行してもらわなければなりません。離檀料も必要で、相場は5万~20万円程度が一般的です。「離檀料で高額を請求されて困っている」というトラブルが増えているようです。この点も檀家になる前に確認しておいたほうがよいでしょう。

檀家になるメリット、デメリット

<メリット>
檀家はお盆などの繁忙期でも優先してもらえる場合が多い。
お盆やお彼岸には、多くの法要が行われます。当然、この時期になると寺院には法要依頼が集中しますが、檀家は優先的に対応してもらえることが多いと言われています。
わからないことを相談することができる
初めて法要を行う場合など、不明な点が多々あると思います。そんなとき、檀家になっていると菩提寺の住職に相談することができます。
手厚い供養を受けられる
法要を一括でお願いできる、地方で法要を行う場合も来てもらえるなど、手厚い供養を受けることができます。

<デメリット>
檀家になるには費用がかかる
上記で説明したように檀家はなるにも、やめるにも費用がかかります。
寄付を求められる場合がある
寺院は檀家の支えで成り立っているため、寺の修繕や改修を行う際に寄付を求められる場合があります。ただし、これは払わなければいけないという決まりはないようです。

ここに挙げたメリット、デメリットは一般的なもので、運営母体によって違いがあります。必ず事前に確認するようにしましょう。

お電話でお気軽にお問い合わせください 0120-141-996 [受付時間] 10:00〜16:00 [定休日] 土・日・祝日 石材店を地域から探す 霊園を地域から探す

あわせて読みたい─関連記事─

お墓を知る

いいお墓のこと、分かります!小冊子プレゼント

全優石お墓無料点検サービス

よくあるご質問

お墓のお引っ越し

ペットの埋葬ができる霊園はこちら

連載記事

お墓博士の一言

全優石の悠々ライフ事典

トピックス

スポンサードリンク

購入者さまの特典サービス 全優石ふろむな倶楽部

お墓のローン JACCS 株式会社ジャックス

JTB 感動のそばにいつも

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ