神道のお墓は仏教のお墓とどう違うの? 特徴を知る

神道のお墓は仏教のお墓とどう違うの? 特徴を知る

神道のお墓の特徴とは?

神道と仏教のお墓の形状は似ていて、あまり大きな違いはありません。その理由は、お墓を建てるという行為自体が宗教による教えから始まったことではなく、日本の風俗習慣である「祖先のお祭りを行う」という行為から派生したものだからです。

神道のお墓は大きく次の2種類に分けることができます。

  1. 仏教のお墓と形が非常に似ているもの
  2. 家名などが刻まれている棹石の先端がやや細くなっているもの

2.の棹石の上部は「角兜巾(かくときん)型」と呼ばれる、4面を斜めに切って三角形に仕上げているところが特徴です。この棹石の形状は、熱田神宮の御神体である「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」を表しているという説があります。

お墓の付属品にも違いがあり、神道ではお線香をあげないため香炉は置きません。さらに白木素材の8本の足でできた、お供え物を置く「八足台」があるという特徴があります。

刻む文字が異なる

神道のお墓が仏教のお墓と明確に異なるところは「戒名(法号)」を用いないという点です。仏教のお墓では「居士」「大姉」などの戒名が刻まれているものをよく目にしますが、神道には戒名自体がありません。ただ、戒名と同様の意味合いで「諡(おくりな)」というものが存在します。

男性であれば、稚郎子(幼児)、郎子(少年)、彦(青年)、大人(成人)、翁(老年)、女性であれば、稚郎女(幼児)、郎女(少女)、姫(青年)、刀自(成人)、媼(老年)と年代によって変わるのが特徴です。

また仏教のお墓には「〇〇家之墓」などと刻まれることが多くありますが、神道のお墓は「〇〇家奥津城」または「〇〇家奥郡城」と刻まれることが一般的です。「奥津城」「奥郡城」とは、「神道式のお墓」を表す言葉として使われているようです。
ほかにも、神道式のお墓には自然石に家名を刻んで用いたもの、土饅頭の形にした墳丘型と呼ばれるもの、墓前に鳥居を設けたものなどもあります。

神道専門の墓地が増えている

神道式のお墓が、神社の敷地内に建てられることはまずありません。それは、神道の考えでは「死は穢れ」とされているからです。神道の方がお墓を新たに建てる場合は、公営または民営の霊園で使用許可を取得する必要があります。

ただし、霊園の場合でも神道式のお墓の建立を許可していないところもあるようなので、事前に必ず確認するようにしましょう。「宗旨・宗派不問」と記載がある霊園は、神道や仏教など宗教に関係なくお墓を建てることができるようです。最近では、神道専門の墓地も増えていると言われています。

現在は、仏教徒の方でも洋風デザインのお墓を選ぶなど多様化が進んでいます。仏教だからこれ、神道だからこれといった厳密なルールは時代の変化に伴い、薄れてきているようなので、石材店と相談しながらお墓の形を選ぶようにしましょう。

お電話でお気軽にお問い合わせください 0120-141-996 [受付時間] 10:00〜16:00 [定休日] 土・日・祝日 石材店を地域から探す 霊園を地域から探す

あわせて読みたい─関連記事─

お墓を知る

いいお墓のこと、分かります!小冊子プレゼント

全優石お墓無料点検サービス

よくあるご質問

お墓のお引っ越し

ペットの埋葬ができる霊園はこちら

連載記事

お墓博士の一言

全優石の悠々ライフ事典

トピックス

スポンサードリンク

購入者さまの特典サービス 全優石ふろむな倶楽部

お墓のローン JACCS 株式会社ジャックス

JTB 感動のそばにいつも

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ