本部広報オンライン

  • 2018/04/03  お知らせ

  • 現代のお墓事情を考える公開シンポジウム初開催

  • 現代のお墓事情を考える公開シンポジウム初開催

    全優石が他の業界団体とともに支援協力をしている、東京都石材業政治連盟が4月6日(金)東京都庁で、公開シンポジウム「日本のお墓作りはこのままでよいのか」を開催いたします。


    本取組みは、都石連と都議会自民党霊園問題研究会が主催し、現代のお墓事情について考える初の公開シンポジウムです。


    第1部は、吉田剛都石連会長・全優石会長による「日本人のお墓作りはこのままでよいのか」をテーマとした基調講演。
    第2部は、大阪大学名誉教授で儒教研究の第一人者の加地伸行先生、都議会自民党霊園問題研究会の高橋信博会長、東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授で、エジプト考古学の第一人者の吉村作治先生、歌手で日本歌手協会会長の田辺靖雄氏など、多彩な有識者が参加し討論と意見交換を行います。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ