本部広報オンライン

  • 2018/12/14  お知らせ

  • 38歳という若さで早逝したジョージ・ガーシュウィンの生涯を今振り返る。

  • 38歳という若さで早逝したジョージ・ガーシュウィンの生涯を今振り返る。

    彼の作曲した「サマータイム」「スワニー」はジャズのスタンダードナンバーとして、またポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌い継がれています。
    ジャズとクラシックを融合した楽曲で、アメリカ、ヨーロッパを席巻し、アメリカンミュージックの父とも言われる彼の生涯とその後に焦点を当てた番組です。

    見逃した方は是非ご覧ください。

    12月16日(日) 18:30~19:00(BS日テレ)
    「The Last Story~マエストロたちの遺言~」


    ユダヤ系ロシア移民の次男としてニューヨーク ブルックリンで生まれたジョージ・ガーシュウィン。

    教育熱心な父が、兄に音楽を学ばせる為に購入したピアノ。兄はあまり音楽には関心を示さず、弟ジョージがピアノを弾くようになり、その後熱心に音楽を学び始めました。
    ジョージが20歳の時に発表した「スワニー」という歌曲がヒットし、それが当時の大スターアル・ジョルソンの目に留まり、一躍、音楽界でのジョージの知名度が高まりました。
    その後1935年にアメリカ最初の民族的オペラとして評価の高い『ポーギーとベス』をはじめ、1937年にハリウッドで映画音楽作曲中に38歳という若さで急死するまで作曲家としてアメリカ、ヨーロッパのも活躍は感嘆です。

    アメリカンミュージックの父とも言われる彼の生涯とその後に焦点を当てた番組です。

    2週にわたり放送されるとのことですので、是非ご覧ください。

    12/16(日)18:30~ ガーシュインの出生~25歳まで
    12/23(日)18:30~ 25~38歳(没年)まで

    ※BS日テレ番組紹介ページ http://www.bs4.jp/guide/document/the_last_story/

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ