大田区 真言宗 新照寺

東京都 大田区の霊園・墓地

資料請求される皆さまへ

  • 1 霊園資料は、各霊園を担当している全優石認定店より直接お客様へご送付させて頂きます。
  • 2 霊園見学の際は、必ず全優石のお店に連絡ください。
  • 3 霊園に直接フリーで訪問されますと全優石のお店で建立できないことがあります。
  • 4 全優石のお店でお墓を建立されるとお客様のお墓をダブルでお守りする全優石の保証書をおつけします。
     (一部除外あり)
  • 霊園概要
  • 霊園案内
  • 区画概要
  • アクセス

霊園概要

霊園名 大田区 真言宗 新照寺
住所 〒144-0035 南蒲田1-9-13

ページを印刷する

資料請求する

霊園案内

大田区 真言宗 新照寺画像A 大田区 真言宗 新照寺画像B

新照寺は元々宝幢院の境外仏堂であった阿弥陀堂の地に、
昭和60年(1985)になって創建された真言宗の寺院です。
ただ、昔の住職のお墓として残っている先師尊霊のお墓のなかには、
「寛政7年(1795)」と彫られている墓石がみられることから、
江戸時代中頃にはすでにもう存在していたと言われています。

平成9年(1997)に本堂の改築を行った結果、
改築前は1階にあった本堂を現在は2階に変更致しました。
本堂の本尊は阿弥陀如来ですが、その他の仏様として
両脇に大聖不動明王、大愛成満愛染明王、
さらにその脇に弘法、興業両祖大師を配置しています。
この4躰は智積院の両祖大師像や川崎大師平間寺の両祖大師像、
文殊菩薩像などを彫った仏師岩松拾文氏の作です。

また無縁法界塔と永代供養塔をあわせた納骨堂があり、
この納骨堂のほうには本尊として地蔵菩薩をおき、
平成15年6月24日に開眼法要が行われました。

外には水子地蔵、延命地蔵3体、弘法大師行脚像を設置しています。

京急本線「京急蒲田駅」から徒歩4分という近さも魅力的ですが、
このお寺の一番の魅力は、ご住職の親しみやすいお人柄です。
整備された墓地は厳粛な雰囲気の中にあっても、住職のお人柄から、
開かれたお寺として地元の方々からも大変に親しまれていらっしゃいます。

下記の石材店であれば、全優石保証書が付きます。 (一部例外あり)

株式会社 石の武蔵家 TEL:03-5979-6348

この霊園を資料請求リストに追加する

この霊園の資料を請求する

墓地・霊園Webページ

https://wp.me/P9tfZf-om
※外部サイトにリンクしています。

アクセス

京急本線「京急蒲田駅」より徒歩で4分

墓地・霊園一覧に戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ