中野区 臨済宗 松源寺

東京都 中野区 の霊園・墓地

資料請求される皆さまへ

  • 1 霊園資料は、各霊園を担当している全優石認定店より直接お客様へご送付させて頂きます。
  • 2 霊園見学の際は、必ず全優石のお店に連絡ください。
  • 3 霊園に直接フリーで訪問されますと全優石のお店で建立できないことがあります。
  • 4 全優石のお店でお墓を建立されるとお客様のお墓をダブルでお守りする全優石の保証書をおつけします。
     (一部除外あり)
  • 霊園概要
  • 霊園案内
  • 区画概要
  • アクセス

霊園概要

霊園名 中野区 臨済宗 松源寺
住所 〒164-0002 上高田1-27-3

ページを印刷する

資料請求する

霊園案内

中野区 臨済宗 松源寺画像A 中野区 臨済宗 松源寺画像B

松源寺は中野区にある臨済宗のお寺です。
松源寺は当初麹町四番町に創建しましたが、年代はわかっていません。
その後、慶長18年(1613)に牛込神楽坂に移り、
さらに明治41年(1909)に再び移転し、現在の地になったと言われています。

松源寺は通称「さる」寺と言われる寺院で、
さる寺の縁起として『江戸名所図会』に、
「昔、境内に猿をつなぎて置きたりとて、今も世に猿寺と号く」と記されているところから、
さる寺として現在も親しまれているお寺です。
また、元禄の頃四代目の住職・徳門和尚が渡舟に乗ろうとして猿に引きとめられて舟に乗れなかったところ、
その船が沈み猿のおかげで難をまぬがれたと云う話も松源寺に伝わっております。

松源寺は観音霊場として、江戸時代には山ノ手三十三所の第二番札所、
現在は東京三十三所の第十九番札所となっています。
この東京三十三所は、江戸時代に観音霊場巡礼が流行した際に、
江戸で特に西国三十三所(本西国)に見立てて、
三十三の寺院を選ぶ西国写し霊場が流行したのが始まりと言われています。
また五代将軍・徳川綱吉の書もあり、
臨済宗妙心寺派江戸触頭の大名寺としてその名を知られていました。

下記の石材店であれば、全優石保証書が付きます。 (一部例外あり)

株式会社 石の武蔵家 TEL:03-5979-6348

この霊園を資料請求リストに追加する

この霊園の資料を請求する

墓地・霊園Webページ

https://wp.me/P9tfZf-Xj
※外部サイトにリンクしています。

アクセス

JR総武線「東中野駅」より徒歩5分
JR東西線「落合駅」より徒歩5分

墓地・霊園一覧に戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ