練馬区 浄土真宗 宝林寺

東京都 練馬区の霊園・墓地

資料請求される皆さまへ

  • 1 霊園資料は、各霊園を担当している全優石認定店より直接お客様へご送付させて頂きます。
  • 2 霊園見学の際は、必ず全優石のお店に連絡ください。
  • 3 霊園に直接フリーで訪問されますと全優石のお店で建立できないことがあります。
  • 4 全優石のお店でお墓を建立されるとお客様のお墓をダブルでお守りする全優石の保証書をおつけします。
     (一部除外あり)
  • 霊園概要
  • 霊園案内
  • 区画概要
  • アクセス

霊園概要

霊園名 練馬区 浄土真宗 宝林寺
住所 〒177-0032 谷原6-8-25

ページを印刷する

資料請求する

霊園案内

練馬区 浄土真宗 宝林寺画像A 練馬区 浄土真宗 宝林寺画像B

宝林寺は寛永4年(1628)に浅草近くの横山町にあった、
「江戸浅草御坊」の寺中として建立された浄土真宗のお寺です。
明暦3年(1657)に発生した歴史的にも有名な振袖火事により堂宇を焼失。
その後大正12年(1923)の関東大震災の被災などもあって、
最終的に昭和2年(1927)に現在地である東京都練馬区谷原に移転しました。

宝林寺は仏教寺院の建築としてはやや珍しい、鉄筋コンクリート3階建ての本堂があるお寺です。
この本堂は平成12年(2000)に完成したもので、
内部は浄土を現した美しい飾り付けがなされ、見る者に安定感を与えるよう考慮された
内陣(仏間)と、
現代的な椅子席の外陣(参拝席)によって構成されています。

本堂の中にはバリアフリーを考慮したエレベーターがついていますので、
お体の不自由な方やお年寄りでも安心してお墓参りをすることができます。

本堂正面上部のステンドグラスは「法輪と獅子」を表しています。
このステンドグラスの法輪はかつて信仰の対象でありましたが、
現在では仏教のシンボルマークとして用いられています。
この法輪を守る羽根のついた西洋の獅子は、
「念仏の声を世界に子や孫に」との願いからデザインされています。

西武池袋線「石神井公園駅」東口よりタクシーで11分。
駅東口には大きなロータリーが設けられていてバスやタクシーなどの
交通手段を利用しやすい環境となっています。

下記の石材店であれば、全優石保証書が付きます。 (一部例外あり)

株式会社 石の武蔵家 TEL:03-5979-6348

この霊園を資料請求リストに追加する

この霊園の資料を請求する

墓地・霊園Webページ

https://wp.me/P9tfZf-pH
※外部サイトにリンクしています。

アクセス

電車ご利用の場合
西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩20分

バスご利用の場合
西武池袋線「石神井公園駅」北口バス停2番より「成増町」行き
「三軒寺バス停」下車、徒歩3分
東武東上線「成増駅」南口より西武バス・国際興業バス「石神井公園」行き
「三軒寺バス停」下車、徒歩3分

墓地・霊園一覧に戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ