株式会社 橋口石彫工業

  • 会社理念
  • 我が社の特長
  • イベント・キャンペーン
  • ニュース
  • おすすめ霊園
  • 施工例

店舗情報

店舗名 株式会社 橋口石彫工業
TEL 096-320-4730
FAX 096-320-4735
住所 〒861-4151 熊本県熊本市南区富合町清藤43-1(富合墓石展示場)
株式会社 橋口石彫工業ロゴ
定休日 毎週火曜日 E-mail ishi@hasiguchi.co.jp
営業時間 午前9:00~午後5:00 URL http://www.hasiguchi.co.jp/
代表者名 橋口 武弘 担当者 前田 由美子
アクセス (富合店墓石展示場) 産交バス『清藤』停留所すぐ 国道3号線 熊本市内方面より宇土・松橋方面へ。『緑川橋』を越えて約500m。 ナフコ富合店様向かい。 リンガーハット富合店様隣。

会社理念

代表:橋口 武弘

経営理念『 感 謝 』 私たちは『お墓は人生の物語』と考えています。 お墓は大切な人の物語として一人ひとりの想いがこもったものです。 そんなお墓づくりのお手伝いをさせていただきたいと思っています。 橋口石彫は新しいお墓づくりをご提案しています。

我が社の特長

おかげさまで。

当社は明治初期頃から熊本県本渡市下浦町(天草)で創業し現在で5代目となります。 地元の人に助けられ130年あまり続く石材店です。 熊本城跡復元工事をはじめ公共工事から建築石材工事や墓石、そして、デザイン墓石展示場を主体とする 石の彫刻品やガーデニング商品の販売、石に関することなら積極的に係わらせていただきたいと考えています。

想い入れのお墓づくりとは。

お墓はお客様にとっての祈りのカタチであるべきと考えています。お墓づくりは人生の物語です。 想いのアートです。想いの小説です。 美しかった人生に美しいお墓。自分らしいお墓、あの人らしいお墓を建てたいと考えたら、 ぜひ一度橋口石彫工業へお越し下さい。

熊本城復元整備工事(石部門担当)

熊本市で平成9年度から始まった熊本城復元工事には、全て(南大手門・西大手門 ・戌亥櫓・西出丸塀・ 元太鼓櫓・奉行丸塀・未申櫓・飯田丸五階櫓・本丸御殿・長局櫓)の石工事(石垣を除く)を担当させていただきました。 H20年4月20日の本丸御殿の落成式をもって、10年計画が無事終了しました。素晴らしい熊本城をお楽しみください。 石材店として、何物にも変えがたいものを勉強させていただきました。この様な素晴らしい機会を与えてくださったことを心から感謝したいと思います。

公園ですか?石材店です。

橋口石彫工業がいままでにないお墓の専門店と自負する理由が店舗、展示場にあります。私どもはお墓の新しいつくり方をご提案する石材店です。 デザインに力を入れている石材店がいままでの石材店でよいはずがないと考えました。 明るい店舗、見やすい展示場、NEWデザイン墓石、停めやすい駐車場、お客様が入りやすく、気軽に相談できるお店を目指してます。橋口石彫工業にお越しいただければお墓をつくることの意味が変わるかもしれません。 お墓だってもっと自由に考えてよい時代になったのです。 橋口石彫工業に行けば新しい発見がある、新しい提案をしてもらえるとお客様に感じていただけるよう努力していきます。

イベント・キャンペーン

感謝祭についてのお詫び

感謝祭についてのお詫び画像A

毎年、春と秋に開催させていただいておりました感謝祭ですが、本年は、4月の熊本地震の影響により、中止とさせていただきました。



いつも楽しみにお待ちいただいているお客様には、心よりお詫び申し上げます。



再び、笑顔で皆さまに感謝祭のお知らせができる日が一日も早く訪れますよう、スタッフ一同頑張ります。



 



 



 


» 株式会社 橋口石彫工業のイベント・キャンペーンを全て見る

ニュース

今日は日奈久温泉の由緒ある旅館 金波楼さんの修復工事に来ました。地震被害によるものです。

今日は日奈久温泉の由緒ある旅館 金波楼さんの修復工事に来ました。地震被害によるものです。

今日は日奈久温泉の由緒ある旅館 金波楼さんの修復工事に来ました。地震被害によるものです。
広場にある種田山頭火の等身大レリーフ。これは10年程前に施工させていただいたものです。
久しぶりに会いました。笑

熊本地震から1年が経ちました。

熊本地震から1年が経ちました。



気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する地震が4月14日夜および4月16日未明に発生したほか、最大震度が6強の地震が2回、6弱の地震が3回発生し、たいへん大きな被害をもたらしました。熊本地震の犠牲者は、死者225人、行方不明者0人、負傷者2727人、避難者数183882人となっています。



震度7は九州では初、一連の地震活動において、現在の気象庁震度階級が制定されてから初めて震度7が2回観測されるという、これまでに想像できなかったことが起こりました。



改めまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます



墓地・墓所・墓石など、被災された皆様のお力になれるよう弊社社員一同、今できることを実行し、 さらなる復旧復興のために勤しんでまいります。



平成29年4月14日



株式会社橋口石彫工業 スタッフ一同


ホームページを更新しました。

ホームページを更新しました。

ホームページを更新しました。



http://hasiguchi.co.jp/



 


» 株式会社 橋口石彫工業のニュースを全て見る

施工例

千の風が吹き抜ける愛妻のお墓。

新規建立

千の風が吹き抜ける愛妻のお墓。画像A

ある日突然、妻が天国へと旅立ってしまい



悲しみのうちに双子の娘と相談してお墓を建てました。



「お母さんのお墓だから、お父さんが決めて。」



と、娘たちに言われ、建立したのが



『エテルナ』という名のこのお墓です。



ステージを思わせる拝石の上の墓碑には



『ありがとう』の文字。



その下には娘たちの希望により妻の好きだった百合の花と



桜の花びらを彫り込みました。



この霊園の上空は、我が家と同じく飛行機が飛んでいきます。



今日も妻のお墓には、その広々とした空が映っています。



まるで千の風が吹き抜けるように。



 



 


お墓は生きた証です。

新規建立

お墓は生きた証です。画像A

私たち夫婦は長年二人だけで



お互いを支え合ってきました。



二人の生きた証に私たちだけの寿陵墓を建てました。



しきたりよりもデザインを優先し、ゆったりとした



スペースによく似合う洋型の墓石を選びました。



お墓の替えに置いた石彫品の河馬は



展示場で見つけて気に入り、ユーモアを込めて置きました。



人生に出会いと別れはつきものですが、



いつまでも二人で生きた想い出を大切にし、



これからも仲良く生きていきたいと思います。



子のお墓は夫婦のモニュメントそのものです。


マイホームの温もりに包まれて

新規建立

マイホームの温もりに包まれて画像A

念願のマイホームが完成して間もなく



主人が41才という若さで旅立ってしまいました。



主人のお墓には、生前の主人の輝きと、



人柄、暮らしたかったであろう



マイホームの思い出で飾ってあげたいと思いました。



家族とも相談し、我が家の壁にも使用しものと



同じレンガを外柵に一周させ、



一緒に住んでいるとの想いを込めました。



『ユラリ』という名のこのお墓は、美しい山並みのイメージ。



中央のガラスのレリーフはきれいな薔薇の花。



いつまでも変わらない家族の愛と絆の証です。



広々とした他にないモダンなデザインのお墓に



子どもたちもとても喜んでくれました。


» 株式会社 橋口石彫工業の施工事例を全て見る

おすすめ霊園

民営

公営

寺院

石材店一覧に戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ