全優石ブログ

  • 2014/06/25  アンチエイジングのレシピ

  • スポーツクラブで楽しく介護予防を!

  • スポーツクラブで楽しく介護予防を!

     

    将来、自分に介護が必要になった場合、家族に迷惑がかかると心配されている方は多いのではないでしょうか。「物忘れが多くなった」「ほんの少しの段差でも転びそうになった」ということが起き始めている人もいるでしょう。年をとって足腰が弱っていくことは免れないことですが、実は運動や生活習慣の見直しでこのような老化も防ぐことができるといわれています。

     

    各地で実施されている介護予防プログラム

     

    現在、全国の市区町村では、介護予防教室が行われています。例えば、豊島区では、身体を鍛えるための介護予防プログラムとして「筋力アップ教室」が週一回開催されています。これは、簡単な用具を使いながら足腰の筋力アップを行い、転倒しにくい体づくりを目指すものです。

    その他「高齢者マシントレーニング」というプログラムもあります。これは、高齢者用トレーニングマシンを使うもので、マシンに座って行うことから安定してトレーニングを行うことができるというものです。介護予防としてだけでなく、筋力や筋持久力、柔軟性が高まることで、日常生活で動ける範囲が広がるというメリットもあります。

     

    体を鍛えるだけではなく、脳を鍛えるプログラムも用意されています。絵本の読み聞かせやウォーキングなどのグループ活動で脳を活性化させるものなど、バラエティに富んだプログラムが用意されています。

     

    楽しさも十分感じられる介護予防

     

    介護予防プログラムは民間のスポーツクラブなどでも受けられます。安全で効果的なプログラムが受けられるのはメリットが大きいです。きちんとした効果検証の元に企画されたプログラムであることや、介護予防運動指導員や健康運動指導士、保健師などの専門スタッフが支援していることなども期待が高まります。

     

    スポーツクラブ「ルネサンス」の実績によれば、転倒予防プログラムを受けた人は、歩行速度やバランス力、柔軟性、スムーズな身のこなしなどの効果が数値で確実に上がっているそうです。

    プログラムというと堅いイメージがありますが、参加者は楽しんで受けているようです。例えば、認知症予防プログラムでは、ボールを使ってバランスを保つことでバランス力を強化したり、青竹踏みを取り入れた転倒予防を行ったりと色々な種類のものがあります。その他、芸人による落語のお笑いイベントなども随時開催されています。楽しく介護予防プログラムを受けて、毎日を楽しく過ごすことで、体だけでなく心の老化も防ぐことができそうです。

カテゴリー

新着情報

バックナンバー

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ