全優石ブログ

  • 2013/06/01  明日を楽しむレシピ

  • 作る楽しみ、食べる楽しみ!手打ちそばの魅力をご紹介します

  • soba 日本人にはそば好きが多くいます。大多数の人が出来上がったそばを食べる専門ですが、考えてみてください。もしも、突然の来客に、家族が集まる年末に、引っ越しに、あなたが特製の手打ちそばを振る舞い、おいしい、おいしいと喜んでもらえたら……。そば打ちができるようになれば、人生の楽しみがより一層増えることでしょう。

     

     

    最近では、趣味でそば打ちを覚え、のめり込む打ちに自らそば店を出店してしまった人もいます。少々言い過ぎかもしれませんが、そば打ちを覚えれば人生が変わります。

     

     

    そば打ちに必要な材料や道具は百貨店などで安価で揃えられます。また、名工が教える「そば打ち教室」なども全国各地で開催されています。非常に環境が充実していますので、初心者でも始めやすい趣味といえます。手打ちそばの魅力を簡単に説明すれば、工芸品を作り上げるような地道な「モノづくり」に似ています。

     

     

    そもそも手打ちそばとは何か? 
    そばの魅力をより実感するために、近所で評判の行列のできる手打ちそば店を営むご主人にそばの魅力などについて語ってもらいました。

     

    Q:そばの魅力を教えてください
    「そばは、肥料がなくても荒れた土地でも成長し、ちゃんと実をつけます。また、有機栽培(無農薬栽培)なので、カラダにやさしいのです。 また、他の食物にはない「ルチン」や、その他身体に良い栄養をたくさん含んでいます。おいしくておまけに健康にも良い、そばはカラダにやさしい食べ物なのです」

     

    Q:なぜ、手打ちにこだわるのですか
    「そばを食べる楽しみの一つに喉越しがあります。そばの喉越しを決めているのは、実はそばに含まれる小さなたくさんの気泡。この気泡があればあるほど、そして小さければ小さいほど、そばの喉越しが良くなります。機械打ちと手打ちを比較した場合、喉越しの良さは当然手打ちに軍配が上がります。私はこれまでたくさんのおいしいそばを食べてきましたが、はやりおいしいと感じたのは手打ちでした」

     

    Q:そばに正しい食べ方はあるのですか
    「そばの食べ方は、東京の食べ方や関西の食べ方を聞いたことがあると思いますが、基本的には、本来そばは大衆食であるため人それぞれ自由です。しかし、歴史を振り返ると、元禄年間には そばなどの麺類の食べ方にも作法があったようです。そばはつゆに1/3しかつけない、そばは噛まない(実際は噛みきらないということ)などなど。その名残が、現代にも伝わっているのでしょう」

     

    Q:そば打ち教室とは
    「最近は、全国各地で手打ちそば教室が開催されています。老舗や名店の味を伝授してくれるお店もあります。全くの初心者でも、蕎麦粉を練って茹で上げるまでをしっかりと教えてくれます。そば好きの人、興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください。きっとそばがより一層好きになりますよ」

     

    そばは人それぞれ楽しみ方があると思いますが、これからは自分で味わうだけでなく、他人に振る舞うことでよりレベルの高いそば通を目指すのもよいかもしれません。

カテゴリー

新着情報

バックナンバー

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ