有名人のお墓

スタンダールの墓 1783-1842・メイン画像

VISSE,SCRISSE,AMO・・・・・・生きた、書いた、恋した・・・・・・。スタンダールがその遺書に書いた墓碑銘だが、自らの一生をみごとに一言で表現した至言というほかはない。ナポレオンという嵐がヨーロッパに吹き荒れ、その余燼がくすぶり続けた革命の時代。あくまで自我を貫いて生き、たぐいまれな旺盛さで書き、そして、多くの女性たちを情熱的に愛した。
スタンダールことアンリ・ベールは、1783年、アルプスの山間の小都市グルノーブルに生まれた。地方都市の裕福な家に育ったアンリ少年は、7歳で母を亡くし、その原因は父にあると思い込んで、父と故郷を激しく嫌い、早くからパリに出ることを渇望して勉学に励んだ。そして、1799年11月、ナポレオン・ボナパルトがクーデターをおこしたその同じ月に、彼はパリに出る。
アンリが初めて得た職は陸軍省の書記。ナポレオン軍のイタリア遠征に従ってミラノへ渡る。もしこの時彼がイタリアへ行かなければ、作家スタンダールは生れていなかっただろう。
そして、もうひとつ。ミラノで彼が得たものは、「恋」だった。18歳のアンリは5歳年上の妖艶な人妻アンジェラに恋をした。35歳の時、生涯に一度といえるような恋をした。かの『恋愛論』を書く動機となった女性マチルド。彼女もまたミラノのブルジョワの娘。ミラノは彼にとって幸福と美の象徴ともいえる。
スタンダールが、いまでいうフリーのジャーナリストとして雑誌などに寄稿し、パリの社交界にその名が知られるようになったのは、40歳近くになってから。ロマン派の文芸サロンに出入りし、若きユゴー、シャトーブリアン、ドラクロア、バルザック、メリメたちを知る。しかし、一部のインテリたちにこそその才知は認められていたが、「文学的成功」にはほど遠かった。1822年に出版された『恋愛論』の出版元は著者に「この本には誰も手を触れません」と書き送っている。彼の名を今日に残した『赤と黒』の当時の評判はひどいものであった。彼の小説が存命中に評価を受けたのは、最晩年の『パルムの僧院』をバルザックが激賞した時ぐらいのものだろう。
1842年、スタンダールは、パリの街角で倒れ、常宿にしていたホテルへ運ばれて2日後に息をひきとった。生涯独身だった彼の埋葬に立ち会ったのは、メリメのほかわずかに3人だったという。
59歳の死の年まで、ヨーロッパの街々を忙しいくらい転々とした彼だが、ミラノと同じくらいパリの街には愛着を持っていた。

スタンダールの墓 1783-1842・地図

モンマルトル墓地へ行くには、ビガール広場からクリシー大通りを西へ、ムーラン・ルージュを右に見て、クリシー広場へ行く手前を右へ曲がる。Av.Rachelラッシェル通りのつきあたりがモンマルトル墓地の入口にあたる。スタンダールの墓へ行くには入口よりまっすぐ進み、広場の左手の道を歩いて約3分。Av. de la Croixアベニュー・ド・ラ・クロアという大きい通りの左側を道沿いに探していくとわかりやすい。スタンダールの墓は大きいので、非常に目につく。上部に銅板で顔のレリーフがある。

お墓を知る

納得・安心の全優石オリジナル墓石

こだわりのプレミアムオーダー墓石

帰省・お墓参りも自粛?お参り代行はじめました。

よくあるご質問

お墓のお引っ越し

ペットの埋葬ができる霊園はこちら

連載記事

お墓博士の一言

全優石の悠々ライフ事典

トピックス

スポンサードリンク

購入者さまの特典サービス 全優石ふろむな倶楽部

お墓のローン JACCS 株式会社ジャックス

JTB 感動のそばにいつも

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ