天寧寺 五百羅漢 天寧寺墓地

滋賀県 彦根市 の霊園・墓地【曹洞宗】

資料請求される皆さまへ

  • 1 霊園資料は、各霊園を担当している全優石認定店より直接お客様へご送付させて頂きます。
  • 2 霊園見学の際は、必ず全優石のお店に連絡ください。
  • 3 霊園に直接フリーで訪問されますと全優石のお店で建立できないことがあります。
  • 4 全優石のお店でお墓を建立されるとお客様のお墓をダブルでお守りする全優石の保証書をおつけします。
     (一部除外あり)
  • 霊園概要
  • 霊園案内
  • 区画概要
  • アクセス

霊園概要

霊園名 天寧寺 五百羅漢 天寧寺墓地
宗派 曹洞宗
住所 〒522-0022 滋賀県彦根市里根町232

ページを印刷する

資料請求する

霊園案内

■五百羅漢 天寧寺
五百羅漢天寧寺は、彦根藩第11代藩主井伊直中公が自分の過失で手打ちにした腰元と、初孫の追善供養のため、名僧寂室堅光禅師の勧めにより、発願建立された曹洞宗の寺院です。
法堂(本堂)は、文化8年(1811)、仏殿(羅漢堂)は、文政11年(1828)に建てられました。
羅漢堂には、本尊の釈迦如来坐像・十大弟子像・十六羅漢像・五百羅漢像の計527体が安置されています。これらの仏像は、台座等にみられる墨書名から羅漢堂の建立の際、京・七条西仏所の大仏師駒井朝運等により造像されたことを知り得ることができます。
羅漢像は、日本では鎌倉時代に禅宗が伝えて以降、仏道修行の安泰を願って造像されました。また、五百羅漢に詣でると、必ず思慕する故人のおもかげを見い出すことができるといわれています。
天寧寺の羅漢群像は、近世(江戸後期)の造像ですが、527体すべてが一体も欠けることなく今日まで残っているのは、全国的にも珍しく、また、年記や仏師名の墨書が記されてあり、近世彫刻史の考えるうえで貴重な文化財であると、高い評価を受けています。

■石造大観音菩薩
≪五輪の塔(永代供養)の奉安について≫
観音様は、大きな慈悲で悩みを救い、願いをかなえてくださいます。
観音様とともに来世を願われる方おひとりおひとりの永代供養をさせていただきお祀りいたします。

下記の石材店であれば、全優石保証書が付きます。 (一部例外あり)

株式会社田中家石材 TEL:0120-68-1082

この霊園を資料請求リストに追加する

この霊園の資料を請求する

アクセス

・JR東海道線「彦根駅」より車で約5分
・JR東海道線「彦根駅」より徒歩約15分
・名神高速道路「彦根I.C」より約2分

墓地・霊園一覧に戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ