玄珊寺

神奈川県 茅ヶ崎市 の霊園・墓地

資料請求される皆さまへ

  • 1 霊園資料は、各霊園を担当している全優石認定店より直接お客様へご送付させて頂きます。
  • 2 霊園見学の際は、必ず全優石のお店に連絡ください。
  • 3 霊園に直接フリーで訪問されますと全優石のお店で建立できないことがあります。
  • 4 全優石のお店でお墓を建立されるとお客様のお墓をダブルでお守りする全優石の保証書をおつけします。
     (一部除外あり)
  • 霊園概要
  • 霊園案内
  • 区画概要
  • アクセス

霊園概要

霊園名 玄珊寺
住所 〒2530082 神奈川県茅ヶ崎市香川2-27-24

ページを印刷する

資料請求する

霊園案内

玄珊寺画像A 玄珊寺画像B

下記の石材店であれば、全優石保証書が付きます。 (一部例外あり)

茅ヶ崎石材工業株式会社 TEL:0467-86-8624

この霊園を資料請求リストに追加する

この霊園の資料を請求する

周辺情報

曹洞宗 香川山玄珊寺 ( げんさんじ )は、天正九年(1581年)、現在の 茅ヶ崎市 香川の地に創建されました。開山は冷室長厳(れいしつちょうごん)大和尚、藤沢市大庭にあります宗賢院の第四世住職でありました。開創当初は禅修行のための草庵であったと想像されます。

天正十二年、当地の地頭であった本間李忠(ほんますえただ)候が長久手の戦いで戦死し、その菩提を弔うため、伽藍をたて、寺領を寄進しました。李忠候の戒名は「金剛院殿樹心玄珊居士」、現在は本堂裏手の墓地に本間家の墓所がございます。

ちなみに、玄珊寺本堂は西向きというめずらしい建て方がされていますが、これは合戦の地でありました長久手を望んでいるためと伝えられています。

当時より香川の村は平坦で田畑多く、その村の中心地に建てられた玄珊寺は、村の名前がそのまま山号になるほどに村と寺の結びつきが強かったようであります。

正面左に安置されているお姫子育て地蔵尊は、元文三年(1738年)、本間家10代季忠元左衛門が早世した娘の菩提を弔うために造立したもので、当時よりお姫地蔵と呼ばれておりました。以来子供を守る子育て地蔵としても親しまれ、今でも多くの方に参詣されています。

アクセス

JR相模線香川駅より徒歩7分
JR茅ヶ崎駅から車で15分
JR藤沢駅から車で20分

墓地・霊園一覧に戻る

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ