石材店・霊園検索トップ > 全優石とは > - お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 -

- お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 -

最新記事一覧

2015/05/22 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

オリンピックは日本の良さを知ってもらう良い機会

中国の国営テレビなどでも反日感情を煽るようなニュースが毎日のように流れているそうです。        日本人を極悪人のように描く抗日ドラマも数多く放映されているようです。そしてこれらを見て   &n...

続きはこちら

2015/03/18 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

ありがとう ! 台湾 !

2011.3.11.東日本を襲った大震災。死者、行方不明者、関連死者の総数は2万人を 超える未曽有の大震災。愛する家族や無二の親友、家や家財道具、日用品、被災地の 人々の人生が詰まったそのすべてを一瞬のうちに奪い去った大震災。震災直後のあの 荒涼殺伐とした光景は、今も脳裏から離れません。 ...

続きはこちら

2015/03/03 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

寅さんのお墓参りしてきました

先日見るとはなしに渥美清さん演じる「男はつらいよ」をテレビで久し振りに見ました。日本人の誰もが寅さんイコール渥美清さん、渥美清さんイコール寅さんになってしまっているのではないでしょうか。画面に映る時代錯誤の雪駄を履いた陽気な寅さんはもうこの世にいない…、そう思うと渥美清さんイコール寅さ...

続きはこちら

2015/01/05 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

日本人のお墓作りはこれでよいのだろうか…

新年おめでとうございます。皆様方には心新たに新年をお迎えのことと思います。 昨年は年度末に総選挙が行われ、予想通りに自民党が大勝し、本年はアベノミクス政策が一段と推進されることと思われますが、果たして景気は回復に向かうのでしょうか。 政府は昨年景気はすでに回復していると公表し、今利益を出せていな...

続きはこちら

2014/12/02 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

津波の恐ろしさを後世に伝える津波記憶石建立事業

宮城県女川町に28基目となる津波記憶石を建立しました。2011年3月、東日本を襲った未曾有の大震災は多くの尊い命を奪い去りました。お墓作りは「心の福祉産業」をモットーに31年前に設立された全優石です。 何かお役に立てることはないか…、否、お役に立つべきだという強い意志のもと震災発...

続きはこちら

2014/11/04 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

力士“逸ノ城”のファンになりました。

初土俵からたった4場所で幕入りを果たしたばかりか、先場所1横綱、2大関を倒し準優勝した逸ノ城の活躍はまだ記憶に新しいと思います。またモンゴル人かあ…、それにしてもすごい怪物が出てきたなあ…というのが私の印象で、それ以外の特別な気持ちはありませんでした。 ところが...

続きはこちら

2014/10/09 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

お墓に造花をお供えするのはよくないのか?

一般的に言えば、生花が望ましいと思いますし、基本だと思います。さりとて造花はいけないというきまりはありませんし、生花は腐って異臭を放つので、禁止しているところさえあります。   良いか悪いかは、お花を供える人の心次第だと思います。ご先祖様や亡くなられた方を供養する心、喜んでいた...

続きはこちら

2014/09/26 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

フランス料理のシェフが始めたラーメン屋さん

全優石の本部がある目黒に有名な雅叙園がある。雅叙園と言えば、日本国内最初の総合結婚式場として昭和6年に開業したホテル、レストランを備えた複合施設で、平成3年に全面改築され現在は近代的な建物となっているが、館内の装飾は絢爛豪華で、当時大勢の著名な画家や彫刻家、塗師が数年にわたって泊まり込みで完成させた...

続きはこちら

2014/09/12 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

墓石に水をかけるのはよいか悪いか?

先日テレビ局の番組に、お墓に関する様々な疑問をゲストの回答者に○か×を尋ね、正解 を答える専門家として招かれ出演いたしました。その時の質問の一つに「墓石に水をかける のはよい」を○か×で答えるというのがありました。私は○で解答したかったのですが、局側 の調べでは、墓石に...

続きはこちら

2014/08/27 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

お墓のニューデザインコンテスト

  20回目となった全優石のニューデザイン墓石コンテスト、今年もまた全国から想いを込めて 作られたお墓が多数応募されました。審査の結果、静岡県の玉村さんのご家族が建てられた お墓が本年度のニューデザイン大賞に選ばれました。   このお墓は特別デザインに凝った...

続きはこちら

2014/08/04 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

とても穏やかな阿刀田高先生にお会いしました

作家というと気難しいとか偏屈といったイメージがちょっとありますが、阿刀田先生はとても穏やかで 気さくな先生でした。先生の著書は数多く、ぞくっとくるミステリーやブラックユーモアの短編小説だけ でも800冊以上書かれていますし、「ギリシャ神話知ってますか」とか「旧約聖書知ってますか」と いった世界...

続きはこちら

2014/07/04 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

鉄道模型

  私は小さいころからおもちゃが大好きで、小学校の頃はゴム動力で飛ぶ飛行機やゴム動力で走り潜る木製の潜水艦を夢中で作っていました。当時住んでいた家は、泉岳寺と塀隣りで飛行機を飛ばすには十分の広さの庭がありました。とは言っても限られた広さですから、その空間内で旋回するよう尾翼を調整した...

続きはこちら

2014/06/20 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

お盆はご先祖様、亡き人のお里帰り

お盆は年に一度祖霊がこの世の住まいに戻ってくる大切な日です。お盆の語源は、サンスクリット語の「ウラバンナ=逆さづりにされた苦しみ」が音写されて「盂蘭盆会=うらぼんえ」、略してお盆となったようです。   お盆の行事は、推古天皇が目連尊者の故事に由来して1400年前に催されて以来、...

続きはこちら

2014/06/05 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

お墓は誰のもの

先日長崎で『私がお墓を作るなら』というテーマの20分ほどのテレビ番組に出演しました。 パネラーは20代の女性3人と漫画家の大原由軌子先生という方でしたが、人それぞれの お墓感が聞けて、楽しいひと時でした。   お墓を作るならどんなお墓を…という問いに、A子さん...

続きはこちら

2014/05/13 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

いつのまにやら金婚式

私事で恐縮ですが、いつのまにやら結婚して50年もの歳月が流れ、先日子供達とささやか ながら都内のホテルで金婚式を祝って食事会をしました。いま日本では1分49秒に一組の 夫婦が離婚しているそうでびっくりですが、それでも世界の国々に比べると離婚率は23番目 だそうで、上には上があるものだとこれまた...

続きはこちら

2014/04/30 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

どんなお墓がよいお墓か

全優石本部に常設されており、3万人以上の方にご利用いただいているフリーダイヤルお墓何でも相談に「どんなお墓がよいお墓なんですか」「石の選び方や形について教えて下さい」といったご質問がよく寄せられます。その答えは難しいようで実は簡単、今から7万年前、死者に花を手向けていたネアンデルタール人の死者を悼む...

続きはこちら

2014/04/30 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

鎌田實さんは散骨希望?

先日お会いした鎌田實さんが著書の中で「僕は散骨が理想だと思っているのだが、恩を受けた岩次郎さんが僕を待っていると思うので、勝手気ままに生きてきたカマタだが、ここだけはちょっと我慢して岩次郎さんとふみさんが待っているお墓に入る」と書かれていました。   鎌田さんのプロフィール並びに岩...

続きはこちら

-0001/11/30 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

お彼岸に何故お墓参りをするのか

1年の中で太陽が真東から上がって、西方極楽浄土のある真西に沈む日が2回あり、その日が春分の日と秋分の日です。そしてそれぞれの日を挟んだ前後3日間、計7日間を春彼岸、秋彼岸と言います。 春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じになる日であることから、この世とあの世、迷いと悟りが接する日として、ご...

続きはこちら

-0001/11/30 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

鎌田實さんは、すごい親爺さんでした

過日鎌田實さんと対談する機会を得ました。鎌田さんは、私より8歳年下の1948年生まれの“頑張らない”けど“ものすごく頑張っている”人間味あふれる素晴らしいお人柄の親爺さんでした。しかしこの親爺さんはただ者ではありません。東京医科歯科大学医学部を卒業後、長野県茅野市の諏訪中央病院の医師として就任し...

続きはこちら

-0001/11/30 【お墓博士(全優石代表理事 吉田剛)の一言 】

日本への恩を忘れないトルコ人

イラン・イラク戦争時の1985年3月17日、イラクのサダム・フセインが「今から48時間後、イランの上空を飛ぶ飛行機は全て撃ち落とす」というとんでもない無差別攻撃宣言を世界に向けて発信しまた。びっくりした各国は軍用機や民間機でイラン在住の自国民救出に向かいましたが、当時日本は海外派遣不可の原則に縛...

続きはこちら

お墓の引越し・ 墓じまい