全優石ブログ

  • 2015/01/03  アンチエイジングのレシピ

  • 白湯で身体を元気に

  • 白湯で身体を元気に

     

    昔から「白湯」は、私たちの生活の中に自然と取り入れられてきました。

    朝起きたときの一杯。食事の後の一杯。湯あがりに一杯。寝る前に一杯。その取り入れ方はご家庭ごとにさまざまでしょう。この白湯が、最近20~30代の若い女性たちの間で美容やダイエットに効果があると話題になっています。白湯の効果は、決して若い女性たちだけに喜ばしいものではありません。世代をこえて優れた健康効果を期待できます。

     

    白湯の健康効果


    白湯が良いといわれる理由は、身体を温める効果があるからです。白湯を飲むと内臓が温まり血行がよくなることで、全身がポカポカしてきて代謝が上がります。便秘やむくみ解消効果もあるといわれています。

    また、インド医学の見地から、白湯によって胃や腸など内臓が温まり機能が高まることで、毒出し効果も見込めるのだそうです。さらには消化機能も高まり、老廃物や毒素が体内に残りにくくなるという説もあります。白湯を1週間ほど継続して飲むと、何かしらの健康効果を実感できるようです。

     

    白湯の飲み方


    白湯は水を10~15分ほど煮沸させ、そのあと冷まして作ります。飲めるくらいまでに冷ましたら、5~10分ほど時間をかけゆっくりと飲みます。朝食を食べる前や、昼と夜の食事の合間に飲むのがいいとされています。朝は特に、身体の毒素が排出されやすいといわれているので、飲むタイミングに最適といえそうです。飲む量は一回につき150cc程度がちょうどいい量。ゆっくり飲めばスムーズなお通じに効果があるかもしれません。ただし、あまり飲み過ぎると身体の負担になることもありますので、一日700mlを目安にするといいでしょう。

     

    よくお酒を飲む方にとっても白湯はおすすめです。お酒を飲みながら白湯を一緒に飲むと、身体の毒素排出に働きかけることから、二日酔いにもいいとされています。一度試してみてはいかがですか? 最近のブームに乗じて、白湯の効果をここでまた見直してみるのもよさそうですね。特に冷える冬場には、毎朝の白湯習慣が身体を元気にしてくれるでしょう。

カテゴリー

新着情報

バックナンバー

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ