有名人のお墓

ショパンの墓 1810-1849(ペール・ラシェーズ墓地)パリ、フランス・メイン画像

1831年の終わり、パリの地を踏んだショパンは後半生をここで送る。ペール・ラシェーズの遺骸の上にはポーランドの土がまかれ、そして心臓は祖国に帰っていった。
1849年10月17日、亡命先のパリで永眠したフレデリック・ショパンの亡骸は、パリの北部にあるペール・ラシェーズ墓地の片隅に手厚く葬られた。フレデリック・ショパンは、1810年、ワルシャワ近郊のジェラゾーヴァ・ヴォーラに生まれた。父ニコラは、フランス語の教師をしていた。貧しい貴族の出身の母ユスティーナは、ショパンに最初のピアノの手ほどきをするとともに、ポーランド民謡に対する愛を育んでくれた。後年、ジョルジュ・サンドは、この母ユスティーナこそがショパンの愛した唯一の女性だったと述懐している。
早くも8歳にして早熟の才を顕わし、2曲の「ポロネーズ」を作曲している。1825年には、ロシア皇帝アレクサンドル2世の目にとまり、ダイヤモンドの指輪を贈られている。
彼の生きた時代は、実に激動の時代でもあった。1830年世にいう「十月蜂起」。ポーランドはいわゆる「大亡命」の時代を迎えるが、ショパンもまた、このとき故郷を去ったひとりであった。結局彼はパリに永住の地を求めることとなる。パリが、ショパンにロスチャイルド男爵の援助理解を、婚約者マリア・ヴォジンスカとの悲恋を、年上のジョルジュ・サンドの献身的な愛を、数多くの芸術家との交流を与えてくれたのだった。とくにサンドとともに過ごした10年間はショパンがその才能を最も豊かに開花させた時期であった。
1847年夏には、サンドとの関係は破綻をきたし、彼の創造力にも衰えが見えはじめる。1849年には病状が悪化し、同年、10月17日、ショパンは、親しい者たちの看取るなか、数々の伝説と逸話に満ちた39年の劇的な生涯を閉じた。最後に遺された言葉は、異郷に倒れ故郷の母を気遣う、「お母さん、ぼくの可哀相なお母さん!」であった。

ショパンの墓 1810-1849(ペール・ラシェーズ墓地)パリ、フランス・地図

ペール・ラシェーズ墓地(パリ20区)へ行くには、メトロのP’ere Lachaiseペール・ラシェーズ駅で下車。パリで一番大きい墓地で、世界でも有数の共同墓地である。目当ての人物の墓碑をあらかじめ墓地地図で確認してから歩くとよい。ショパンの墓は傾斜地にあるので探しやすい。音楽家を目指す子供たちやショパンを愛するファンがそなえる花は、ひっきりなしに墓前を飾る。フランスでは50年経ったお墓については、資金がえられない場合壊されてしまうのだが、いまなお数多くの人がここにねむっている。

お墓を知る

納得・安心の全優石オリジナル墓石

こだわりのプレミアムオーダー墓石

帰省・お墓参りも自粛?お参り代行はじめました。

よくあるご質問

お墓のお引っ越し

ペットの埋葬ができる霊園はこちら

連載記事

お墓博士の一言

全優石の悠々ライフ事典

トピックス

スポンサードリンク

購入者さまの特典サービス 全優石ふろむな倶楽部

お墓のローン JACCS 株式会社ジャックス

JTB 感動のそばにいつも

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ