石材店・霊園検索トップ > 全優石 広報室 > お知らせ > 第34回(2021)全国統一 全優石 お墓購入者アンケート調査結果発表

お知らせ

第34回(2021)全国統一 全優石 お墓購入者アンケート調査結果発表

2021/10/04 【お知らせ】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第34回 全国統一 全優石 お墓購入者アンケート
「堅実派」が8割近く占めるも「こだわり派」も増加 
墓石購入価格アップの背景に“お墓選びの二極化” 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


約300社の石材店で構成される「一般社団法人 全国優良石材店の会」(事務局:東京都品川区、会長:吉田 岳、以下 全優石)では、墓石を契約したお客様を対象とした全国調査を毎年実施しています。第34回目となる今回も、墓石購入者に対して購入価格や重視した点、お墓の形などを調査。その結果、購入者はシンプルな洋型デザインを選ぶ「堅実派」と、墓石の素材やデザインを重視する「こだわり派」に分かれており、二極化の傾向にあることが明らかとなりました。


=========================================
【購入価格】 「堅実派」が大半も「こだわり派」の増加で平均額がアップ
=========================================
■平均価格アップの背景に見えるお墓選びの二極化

お墓の平均購入価格は、昨年より約3万円アップの160.1万円。200万円未満の購入者が大半を占める結果は例年同様ですが、今年は200万円以上の高額購入者が平均価格を釣り上げています。内訳をみると、200・300・400・500万円以上の購入者平均が全てアップしており、お墓選びにおける二極化の傾向が見て取れます。
男女別で見ると、男性の平均購入価格が161.8万円であるのに対し、女性は155.7万円。女性は特に100万円未満の購入者が3割を超えるなど、よりお墓選びに堅実であることがわかります。

===========================================
【お墓の形】 増える洋型・デザイン墓、西日本では和形が7割の地域も
===========================================
■平均価格1位は佐賀!トップ5に九州4県がランクイン

今年の平均価格1位は佐賀。2位に栃木、3位には昨年1位の福岡が続きました。地域別で見ると、九州地方の平均価格が高く、今年のトップ5にも4県がランクインしています。なお、過去10年間、千葉・福岡・長崎が平均価格で全国平均を上回っており、逆に岩手・愛知・三重・鳥取・島根・岡山が平均を下回る結果となっています。

===========================================
【重視点】 石の「色」がトップ、次点に「材質」。墓石タイプ別でも差が
===========================================

墓石購入時の重視点は「石の色」「石の材質」「価格の手頃さ」がベスト3。いずれも30%台後半から40%台の高率となっています。4位以降では、「アフターサービス」「石のデザイン」「手入れのしやすさ」が20%台後半で続いています。また、「色」「デザイン」「シンプルさ」などデザインに関する項目を選ぶ人が過去3年間で最も高く、特に70代が一番デザインを気にしているという結果も出ました。
墓石タイプ別で見ると、和型では「石の材質」を重視する割合が他より1割高く、500万円以上の高額購入者は「国内産の石」にもこだわっていました。一方、洋型購入者は「価格の手頃さ」「シンプルなデザイン」を重視。デザインのお墓購入者は、「石のデザイン」「自分らしいデザイン」が他より2倍高い結果となり、それぞれの特徴がはっきり分かれる結果となりました。

全国的に「洋型」「デザイン墓」の割合がここ10年間増加しています。シンプルな「洋型」は全体の半数近くを占めており、2012年より6.7ポイントアップの47.6%。「デザイン墓」は3.4ポイントアップの15.4%でした。一方、伝統的な「和形」は2012年より9.9ポイントダウンの31.3%という結果となっています。
また、建てるお墓の形には地域差があり、「和形」は西日本に多く、近畿・中国・四国では7割の高水準。「洋型」が多いのは関東で、69.6%は昨年よりも高い数字です。また、「デザイン墓」の比率が依然高いのが北海道。今年こそ減少しましたが、唯一の3割超えとなる34.2%となっています。

===========================================
【気になるお墓サービス】 4分の3が「お墓の定期点検」と回答
===========================================

昨今、お墓に関連する様々なサービスが登場しています。今回の調査では、4分の3の人たちが、気になるサービスとして「お墓の定期点検」をあげました。特に東北・四国ではその比率が8割を超え、特に200万円以上のこだわりを持った購入者層で強い関心があることがわかりました。
次点には「お墓参り代行」がランクイン。こちらは200万円未満の堅実な購入者の興味が高い結果となりました。また、3位の「VRお墓参り」は、北海道エリアでは28.9%と、他の地域に比べて高くなっています。

 

<<調査の目的>>
本調査は、実際にお墓を購入した人々の実態や意識などを知る目的で2004年から毎年春に実施されており、今回で34回目。調査の規模は業界最大級であり、例年調査データが金融機関の資料にも活用されています。
 

<<調査概要>>
調査期間 :2021年3月1日(月)〜7月31日(土)
調査方法 :応募ハガキによる自記式調査
調査地域 :全国
対象者条件 :上記期間中に全優石認定店で墓石をご契約の方
有効回収数 :2,132サンプル(昨年  2,250サンプル)
 

<<メディアの皆様へ>>
詳しい資料をご希望の方は、下記ご記入の上、全優石事務局までご連絡ください。
■御社名
■ご担当者名
■ご連絡先
  電話:
  ℡:
■ご使用用途と掲載メディア
 

<全優石に関するお問い合わせ先>
一般社団法人 全国優良石材店の会
事務局長:山崎 正子 TEL:03-5423-4014 / E-Mail:zenyuseki@triton.ocn.ne.jp

お墓の引越し・ 墓じまい