全優石ブログ

  • 2014/09/26  お墓博士の一言

  • フランス料理のシェフが始めたラーメン屋さん

  • フランス料理のシェフが始めたラーメン屋さん

    全優石の本部がある目黒に有名な雅叙園がある。雅叙園と言えば、日本国内最初の総合結婚式場として昭和6年に開業したホテル、レストランを備えた複合施設で、平成3年に全面改築され現在は近代的な建物となっているが、館内の装飾は絢爛豪華で、当時大勢の著名な画家や彫刻家、塗師が数年にわたって泊まり込みで完成させたというもので、7つある宴会場の内4つが東京都の有形文化財にも登録されている。

     

    この超一流の雅叙園でフランス料理のシェフを務めていた料理長が突然退職して昨年10月、武蔵小山でラーメン屋を始めた。店主の名前は仲田一途。お店の名前は「麺や 一途」。
    雅叙園のシェフに招かれる前はマキシム・ド・パリで10数年修行したばりばりのフランス料理人。日本を代表するシェフ32人にも選ばれたシェフが、安定した生活を投げ出して何故ラーメン屋を始めたのだろうか。

     

    その答えと思われる店主仲田氏の想いが店頭の懸垂幕に書かれている。
    『いままで歩んできた途 これから歩む途 人生は一度きり 気持ちいいをたくさん感じて生きていきたい』。本人は多くを語らないが、安定した生活の中で、定番のフランス料理を作るより、人生は一度、自分が修行してきたフランス料理の腕を振るって、どこにもない独自のラーメン作りにチャレンジして、お客様に喜んでもらい、気持ちいいを感じて生きてみようという仲田氏のロマンなのではないでしょうか。

     

    フランス料理に携わった経験から、特にスープ作りにこだわっているようです。フレンチのシェフが作るラーメンをぜひ一度ご賞味されてはいかがですか。
    ラーメンを食べるカウンターの他に個室がひとつあり、予約すれば最高に美味しいフランス料理もリーズナブルな価格で満喫できます。
    詳しくはネットでお調べいただければわかりますが、《03-6426-8428》へ直接電話されてお聞きになって下さい。

     

    余談ですが、お盆にお墓参りに行き、帰りに寄って家内とラーメンを食べました。そのとき仲田さんにお墓参りしてますかと聞きました。すると折りあるごとにお参りして、お店繁盛を願っていますというので、ダメダメ!お願い事は神様へ!仏様には感謝だよ!墓前では今日の自分があること、日々つつがなく生活を営めるのはご先祖様のお蔭と感謝しなければ…と言って大笑いしました。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ