全優石ブログ

  • 2015/08/04  カルチャー情報

  • 利き手と利き脳の関係は?

  • 利き手と利き脳の関係は?

     

    人間には先天的に右利き、左利きがあり、それが動作の優先性を決めています。 脳にも左脳、右脳とありますが、利き脳というのもあるのでしょうか?

     

    右脳派と左脳派の違い


    人間には利き脳があると言われています。一般的に右脳は物事を直感的に捉える感性・感覚・イメージを司る脳とされ、モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチなど多くの芸術家は、右脳が発達していたそうです。一方、左脳は物事を論理的に捉え、分析的なものの考え方や理由付けをする脳であり、理論が先行します。

     

    右脳派は感性を使い、左脳派は理性を使うという分け方がされています。ただ、人間は右脳も左脳も両方持っていて、どちらの側面も備えているので、優先的に使われる脳が、利き脳ということになるでしょう。

     

    利き脳の診断


    自分の利き脳はどちらなのかを簡単に診断してみましょう。両手の指を交互に絡めるように組んでみてください。このとき、一番上にくる親指は左右どちらであるかを確認します。その後、自然に腕組みをしてみてください。左右どちらの腕が上にありますか?

     

    指を組んだとき右親指が上の方は左脳派で、情報を理論でインプットするタイプ、左親指が上の方は右脳派で情報を直感でインプットするタイプです。また、腕組みの右腕が上の方は左脳派で情報のアウトプットが論理的、左腕が上の方は右脳派で情報のアウトプットが直感的になります。指と腕の組み方で上になる方がそれぞれ違う場合は、右脳派と左脳派がミックスされているということです。

     

    この指の組み方、腕の組み方で大体のタイプがわかるので、周りの人にも試してみるとよいでしょう。タイプがわかれば、右脳派の人には、論理的に伝えるよりも感情で伝える方がよりわかってもらえる、左脳派の人には、じっくりと論理的・分析的に伝えた方がよい、というようにコミュニケーションの取り方が把握できるでしょう。

     

    利き脳はライフスタイルや職業で変わる可能性もあります。利き手が右だから脳は左脳派などという関連性はあまりないようです。自分や周りの人がどちらのタイプかを知り、人との関わり方の参考にしてコミュニケーションをスムーズにしましょう。

全優石公式facebookページ

  • 全優石facebook公式ページ
  • 全優石津波記憶石プロジェクト
  • 全優石終活情報館
  • Begin’sビギンズ倶楽部

ページの上部へ