全優石事務局
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-7-15
TEL:03-5423-4014 FAX:03-5423-4050
お問い合わせ
全優石事務局
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-7-15
TEL:03-5423-4014
FAX:03-5423-4050
お問い合わせ
石材店・霊園検索トップ > 悠々LIFE辞典 > お墓と供養

お墓と供養

最新記事一覧

2022/04/27【お墓と供養 】

ゴールデンウィークのお墓参り

今年も間もなくゴールデンウィークがやってきます。感染症に対する政府のまんえん防止等重点措置も解除されて、おでかけの気分も高まっている一方であまり混雑するスポットに出かけるのは心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 春のお彼岸とお盆のちょうど半ばにあたるこの時期、お天気の良い日にお墓参...

続きはこちら

2022/03/16【お墓と供養 】

春のお彼岸の花は?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、春、秋のお彼岸を迎えるとすっかり過ごしやすい陽気になります。 春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、その前後3日間、合計で7日間がお彼岸の期間となります。 今年は春分の日(中日)が3月21日ですので、春の彼岸の入りは18日、明けは24日...

続きはこちら

2021/09/01【お墓と供養 】

間もなく敬老の日

2002年までは毎年9月15日に定められていた「敬老の日」ですが、ハッピーマンデーの施行に伴い、2003年からは9月の第3月曜日になりました。この連休を利用して帰郷したり、お彼岸の墓参をされる方も多いようです。今年の「敬老の日」は9月20日。コロナ禍の今は外出もままなりませんが、工夫をこらした敬老の...

続きはこちら

2021/03/17【お墓と供養 】

歌手 河島英五さんの直筆の文字の刻まれたお墓

≪第8回想いを込めたお墓デザインコンテスト 入賞≫ 歌手 河島英五さんの直筆の文字の刻まれたお墓 ●お墓建立のエピソード 歌手の河島英五さんのお墓を、家族の了解を得て、石材店が応募。すでにファンの方々には旧知のお墓である。墓石表面に「心から心へ」の河島さん直筆の文字が刻まれている。さら...

続きはこちら

2020/12/25【お墓と供養 】

コロナ禍の新しい墓参の形

「コロナ」に明け暮れた今年も、間もなく終わろうとしています。 自粛、非常事態宣言、感染者の拡大、相次ぐ閉店のニュースなど、暗い話題に終始してしまったような一年ですが、来年2021年こそは明るく良い年にしたいものですね。   <オンラインでのお墓参り> 元旦や三が日に...

続きはこちら

2020/12/09【お墓と供養 】

今年のクリスマスはご先祖も家族も一緒に

コロナ一色で終わってしまいそうな今年も、まもなくクリスマスを迎えます。 日本ではクリスマスはあまり宗教的な意味を持たず、年末最大のイベントという印象ですが、もともとは皆さんもご存知の通り、イエス・キリストの誕生を祝う祝日です。     <キリスト教圏では家...

続きはこちら

2020/09/25【お墓と供養 】

読書の秋を満喫してみましょう

まだまだ暑い日もありますが、日が暮れるのが日に日に早くなり、吹く風や虫の声に秋の訪れを感じます。自粛生活も長くなり、それぞれに家での生活に工夫をされているようです。 インターネットやゲームなど最新の技術も楽しいですが、紙とインクの匂いもまた秋の訪れを感じさせます。 少し原点に戻って、アナ...

続きはこちら

2020/08/21【お墓と供養 】

VR(バーチャルリアリティ)を使ったお墓参り

なかなか収まるところを知らない新型コロナウィルス。このお盆休みには帰省もお墓参りもままならなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 全優石では、コロナ自粛の中、お墓参りへ行けないというご相談が相次いだことから、移動を自粛されている方やご高齢の方など、お墓参りになかなか行けない、とい...

続きはこちら

2020/06/05【お墓と供養 】

お墓参りに行けない方へ お墓参りの代行をいたします

全国の緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ緊張感や不安感を持ちながらの生活を送られていることと思います。 買い物や会食などの外出もままならず、お墓参りにも行けていない方が多いのではないでしょうか。   <お墓参りの代行をしています> 春から続く外出自粛生活の中で...

続きはこちら

2020/01/16【お墓と供養 】

墓石や付帯サービスもポイント還元の対象に

昨年10月の消費税10%導入とともに始まった、キャッシュレスでの支払時に5%が還元される「キャッシュレス・ポイント還元」。自動車や住宅のような大きな買い物は対象外なものもあるようですが、墓石購入やそれに付帯するサービスをキャッシュレスで利用した場合は、このポイント還元の対象になる場合があるのをご存じ...

続きはこちら

2019/12/25【お墓と供養 】

喪中のお正月の過ごし方

今年も残すところあとわずか。一年があっという間に過ぎていきます。この一年の間にご家族を見送られた方にとっては喪中のお正月を迎えることになります。 どのように過ごしたらよいのか、してはいけないことあるのか、と悩まれている方もあるのではないでしょうか。     ...

続きはこちら

2019/12/11【お墓と供養 】

仏壇の大掃除ポイント

いよいよ12月に入り、新年に向けて少しずつ掃除を始めているご家庭も多いのではないでしょうか?毎日お参りをする仏壇も、この機会にきれいにお手入れしてご先祖とともに清々しくお正月を迎えたいものです。     <繊細な細工や加工だからこそ手順が大切> 仏壇の中に...

続きはこちら

2019/03/20【お墓と供養 】

お墓と桜

  そろそろ待ちに待った桜の開花だよりも聞こえてくる季節になりました。日本人の心の花ともいえる桜。桜前線の北上とともに、今年も日本全国の桜名所は多くの花見客でにぎわうことでしょう。   <寺院や霊園の桜> さて桜の名所というと公園・庭園と並んで多いのが、お...

続きはこちら

2018/11/16【お墓と供養 】

花には遺された者を慰める働きもあります

  11月11日、英国では「リメンバランス・デー」といわれる戦没者追悼行事が開かれました。この様子はニュースやネットでも配信され、ご覧になった方もいらっしゃると思います。列席された英国王室の方々が、お揃いの赤い花飾りをつけているのが印象的でした。   <戦場に咲...

続きはこちら

2017/04/26【お墓と供養 】

新緑の季節、「母の日参り」をしてみませんか

  まもなく5月の第2日曜日、「母の日」がやってきます。今年の母の日は5月14日。 もうすでに予定をたてている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ところで最近「母の日参り」という言葉を耳にするようになりました。新緑が芽吹く美しいこの季節に、亡くなられたお母様のお墓にお...

続きはこちら

2017/04/11【お墓と供養 】

「散骨」の課題と「お墓」の存在意義

  散骨を希望される理由は人さまざまです。 故人が亡くなる前に「自分が死んだら散骨をしてくれ」と言い残すケースもありますし、経済的な理由や、お墓を作っても後継者がいない、墓地を維持することへの不安がある、あるいはできるだけ質素に葬儀や埋葬を済ませたい、大自然へ帰りたいといった理...

続きはこちら

2017/03/02【お墓と供養 】

春のお彼岸。自然やご先祖に感謝する良い機会です。

  3月の声を聞くと、あちらこちらから花の便りが聞こえてきます。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、春のお彼岸を迎えるとそれまでの厳しい寒さもゆるぎ、いよいよ春到来と心も弾みますね。 今年の春のお彼岸は春分の日を中日とした3月17日から23日まで。ちょうど週末...

続きはこちら

2016/12/26【お墓と供養 】

お正月にお墓参りはされていますか?

2016年もいよいよ残り少なくなってきました。年賀状や大掃除の準備など、新年に向けてやることは山積み、どこか落ち着かない忙しない気分になりますね。まさしく「師も走る」師走です。 でも、こうした昔からの風習をきちんとこなすことが、清々しい晴れやかな気持ちで新年を迎えるポイントにもなっているのではない...

続きはこちら

2016/09/23【お墓と供養 】

「掃苔」とそのマナーについて

「掃苔」という言葉をご存じですか?近年ではあまり使われなくなりましたが、読んで字のごとく「苔をきれいに掃き清める」こと、つまりお墓参りのことをさす言葉です。 また、ご先祖のお墓参りに限らず、歴史上の人物や著名人のお墓を詣でる趣味を持つ人を掃苔家と呼ぶこともあります。昨今では「墓マイラー」という...

続きはこちら

2015/10/13【お墓と供養 】

火葬と骨上げのマナー

  人が亡くなると墓所に土葬(埋葬)することが慣習でしたが、明治時代以降、疫病等衛生面での観点から日本のほとんどの市町村では、火葬をすることが、法律で定められています。そのために、火葬場でご遺体をお骨にするのですが、この際のマナーがよく分からないというご相談があります。そこで今回は、...

続きはこちら

仏事を知る
お墓を知る
お墓を買う
お墓を守る
お墓の引っ越し・墓じまい
全優石とは

お墓の引越し・ 墓じまい

トップへ