全優石事務局
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-7-15
TEL:03-5423-4014 FAX:03-5423-4050
お問い合わせ
全優石事務局
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-7-15
TEL:03-5423-4014
FAX:03-5423-4050
お問い合わせ
石材店・霊園検索トップ > 悠々LIFE辞典 > 最新記事一覧

悠々LIFE辞典

カテゴリー別記事はこちら

最新記事一覧

2013/10/11【カルチャー情報 】

観察眼を養うデッサン

学生時代、美術の時間にデッサンをしたことがある人は、多いのではないでしょうか。 デッサンは腕を使って書くので脳のトレーニングにもなりますし、スケッチブックと鉛筆さえあれば気軽に始められるので簡単に始めることのできる趣味として人気です。絵画ほど難しくないので、デッサンであれば誰でも始めること...

続きはこちら

2013/10/10【カルチャー情報 】

盆栽とともに時を楽しむ

人にとって趣味を持つということはとても大切なことです。趣味があるということは生きがいにもなりますし、ストレス発散にもなります。自分が本当に心から楽しむ時間というのは、1番のリラックス効果があるのです。   「趣味」といっても人それぞれで違うでしょう。スポーツが趣味の方もいれば、...

続きはこちら

2013/10/09【カルチャー情報 】

可憐な花をさらにひき立てる華道

花をもらうと女性はもちろんのこと、男性も嬉しい気持ちになってしまいます。それは、きっと花を見ているだけで心が和んでくるからではないでしょうか。花があるお庭と花がないお庭だと印象が変わりますが、花があるお庭の方が華やかに見えるのは花本来の可憐さのおかげでしょう。 庭や植え込みなど外に花が咲い...

続きはこちら

2013/10/08【アンチエイジングのレシピ 】

本当は怖い高血圧

高血圧は、別名「サイレント・キラー」とも呼ばれており、知らず知らずのうちに様々な病気を引き起こす怖い病気でもあります。遺伝性のもの、食事や運動不足が原因のものと様々なので、早めに高血圧に気づき、ご自身に合った対処を始めることがとても大切です。   高血圧は、血管に負荷している圧...

続きはこちら

2013/10/07【アンチエイジングのレシピ 】

年をとるにつれ増加する味覚障害とは?

味覚障害。決して無関係な言葉ではありません。味覚障害は年をとる程大きく関わってくる問題です。高齢者に特に多く、65歳以上で、40パーセント以上の人たちが抱えています。 人は年をとると、どうしても身体の機能や、器官が衰えてきます。同時に食品から栄養を補給する力も衰えてきます。  ...

続きはこちら

2013/10/04【アンチエイジングのレシピ 】

女性にとっての大切なカルシウム

  カルシウムは私たちの健康に大きく関わっている、とても大事な成分です。骨や歯を丈夫に保つためにとても大切なものですが、女性は、特に中高年の女性は、カルシウム不足がちになる問題を抱えています。 一体それはどうしてなのでしょうか。     カルシウム不足の原因で起こる...

続きはこちら

2013/10/03【カルチャー情報 】

芸術に触れる機会を持とう

  「芸術」と聞くと、なんだか難しいもののようなイメージをお持ちの人もいるのではないでしょうか? ですが実は手軽に触れられるものなのです。スケッチや水彩画から始めてもいいし、本格的な油絵や水墨画を学ぶのも悪くありません。また初めから油絵や水墨画にチャレンジするというと、ハードルが高いように感じ...

続きはこちら

2013/10/02【カルチャー情報 】

映画であの頃のときめきを

最近ではDVDを借りてきて自宅で、映画を鑑賞する人が増えてきました。テレビの画面も以前と比べると、比較にならないほど大型化して映画も迫力があります。それでもたまには夫婦で映画館に足を運んで、さらに迫力があるスクリーンで鑑賞するのもいいものですね。 ただ日本は外国と比べても映画館の入場料が高...

続きはこちら

2013/10/01【カルチャー情報 】

雨の日でも楽しめる手芸

手作りの小物を作るのが好きという方も多いのではないでしょうか? 大切な方に真心のこもった手作りのプレゼントを贈る、なんていうのも素敵ですね。 最近では街の手芸教室だけでなく、デイケアでも手芸を取り入れているそうです。手先を使うことから、脳トレやリハビリとして注目を集めています。 &nbs...

続きはこちら

2013/09/30【カルチャー情報 】

日本古来のポエムで伝わる想い

  「日本古来のポエム」と聞いて、ピンときた方もいるのではないでしょうか。日本で大昔から親しまれている俳句や川柳のことです。中にはとても自分にはできないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかしどれもある程度の決まりごとやルールはありますが、やってみると意外なほど簡単で始めてみるとその...

続きはこちら

2013/09/27【明日を楽しむレシピ 】

外国語で広がる世界

年々外国語を学ぶ方が増えてきています。一昔前までは外国語といえば、英語が一般的でしたが、韓流ブームを受けて韓国語を学ぶ方が増えています。他にも中国語、スペイン語、フランス語と色々な言葉を学ぶための書籍や会話教室も増えてきています。海外旅行に出かける機会も増えてきているので、何か外国語を取得し...

続きはこちら

2013/09/26【カルチャー情報 】

音楽をたしなむ素敵な時間

皆さんには、思い入れの深い大切な音楽がありますか? 聴くだけでその頃の懐かしい思い出や楽しかったことが蘇り、まるでその当時に戻ったような感覚になれるような音楽です。1つや2つ、思い当たる曲があるのではないでしょうか。音楽は人の心を癒し、感性を豊かにしてくれます。 音楽の効用は胎児から高齢者...

続きはこちら

2013/09/25【明日を楽しむレシピ 】

心癒される、素敵な旅に出かけてみよう

  誰もが、一度は行ってみたい場所や見ておきたい風景を心に抱いていることでしょう。「お伊勢様を一度は参拝してみたい」「あの山にぜひ登ってみたい」「世界遺産を見てみたい」「優雅な船旅がしてみたい」人それぞれ、場所や願望は違いますが、自分の望んでいる場所なら、きっと充実した楽しい旅ができるはずです...

続きはこちら

2013/09/24【終活のレシピ 】

愛するペットのための終活

愛する家族の一員として、ペットと暮らしている方も最近では増えてきています。ここでは、あえてペットと呼ばせていただきます。   人間の子は成長し、巣立っていきますが、ペットはあなたなしで生きていくことはできません。もちろん、最後まで面倒を見るつもりで、ペットを家族として迎え入れて...

続きはこちら

2013/09/20【明日を楽しむレシピ 】

ツイッターを活用して、世界へつぶやいてみませんか?

先の参議院選では、ネット選挙が解禁され、政党や候補者がツイッターで情報を発信し、話題となったことは、記憶に新しいですね。この選挙をきっかけに、お知りになった方も、多いのではないでしょうか?   そもそもTwitterとは、複数の人間が140文字以内の短いコメントを発言し合って、...

続きはこちら

2013/09/19【終活のレシピ 】

『おひとり様の終活』とは

人は誰でも、人生を楽しみたいものです。どのように人生を楽しむかという方法は、1人1人違いますが、誰でも、今より良い人生を過ごしたいと思っています。ご夫婦2人で迎える将来の生活も、子供とともに迎える今後の生活も、そして、おひとり様で迎える生活も同じ「人生」です。楽しい人生を送り、元気な内に自分...

続きはこちら

2013/09/18【終活のレシピ 】

家族の手を借りずに送る老後生活とは

核家族化が進む中、老後の生活に不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 家族が遠くに住んでいたり、お子さんがいらっしゃらなかったりなど、様々な理由から一人暮らしをされているという方もいるでしょう。   夫婦2人だからとか、1人暮らしでも大丈夫と思うかもしれません。しか...

続きはこちら

2013/09/17【明日を楽しむレシピ 】

パソコンを使いこなして時代の波に乗る

現在のパソコンの普及率はとても高く、若い世代では使えるのが当たり前になっています。家から外に持ち出せるという便利さから、喫茶店や屋外でパソコンを使っている人もよく見かけます。最近のパソコンは取り扱いも簡単で、用途も広がっていますので、趣味としていろいろ楽しむこともできるようになっています。 ...

続きはこちら

2013/09/13【アンチエイジングのレシピ 】

若々しさを保つための秘訣とは?

日本人の平均寿命は延び、子育てが落ち着いてから、その後過ごす時間が長くなっています。そんな中、これからの人生を、どう過ごしたらよいかを悩み考える方が増えています。もちろんそういった悩みや不安から、暗い気持ちになってしまう方も少なくありません。「人生を楽しむ」という意識を持ち続けることこそが、...

続きはこちら

2013/09/12【終活のレシピ 】

シニアライフの暮らしやすい家とは?

子育ても一段落し、夫婦2人きりの生活を楽しむために、その拠点となる『住まい』について考える方が増えています。子供たちと暮らす『住まい』と、夫婦2人もしくはおひとりさまで暮らす『住まい』には、どのような違いを求めているのでしょうか。     2人の生活スタイルに合った...

続きはこちら

お墓の引越し・ 墓じまい